次々商法つぎつぎしょうほう)とは、何らかの悪徳商法の被害者に対して、次々と別の業者(同じ業者のこともある)が接近してきて、色々な契約を締結させる商法のことをいう。「次々販売」ともいう[1]。販売の方法としては、訪問販売あるいは電話勧誘販売などとなる。

別の業者が次々と接近してくるのは、業者間で、騙されやすい人や契約を断りきれない人等の個人情報(「カモリスト」という)が交換されているからとされる[2]

高齢者や18歳•19歳や20代の若者、判断能力の不十分な知的障害者発達障害が被害に遭いやすく、布団着物宝石浄水器掃除機健康食品リフォーム絵画などの次々商法が代表的である。契約締結後、家族や身近な人には決して口外しないように念を押されることが多く、これはクーリングオフ期間中の契約を解除をさせないのが目的である。1度購入した顧客に対し、季節限定イベントなどと称し、各季節(夏休みイベント、クリスマスイベント、バレンタインイベント、ホワイトデーイベント)のイベント時期に販売することもある。

この商法は、訪問販売あるいは電話勧誘販売のため、特定商取引法に基いてクーリングオフできる場合がある。

TVなどで有名芸能人などを起用しCMを行っている大手メーカーでも行われている。

2022年4月1日から成人年齢18歳に引き下げられ、18歳の高校3年生が次々商法のターゲットにされることが懸念されている。

出典編集

  1. ^ 高齢者への次々販売(各種相談の件数や傾向) 国民生活センター
  2. ^ クレジット会社:悪質商法を助長 「審査どんどん通す」

関連項目編集