欧州自由貿易連合

欧州自由貿易連合(おうしゅうじゆうぼうえきれんごう、: European Free Trade Association)は、1960年イギリスが中心となって設立された自由貿易連合である。欧州経済共同体(EEC)に対抗するため、その枠外にあった欧州諸国が加盟してきた。頭字語略称)のEFTA(エフタ)で呼ばれることが多い。

欧州自由貿易連合
EFTA logo.svg
Europe-EFTA.svg
座標 北緯46度57分 東経7度27分 / 北緯46.950度 東経7.450度 / 46.950; 7.450
会員数
公用語 英語
本部 アイスランド[2]
ウェブサイト efta.int
テンプレートを表示

概要編集

政治統合を目標としていた欧州経済共同体(EEC)に対抗し、欧州での主導権獲得を目指すイギリス主導のもと、EEC非加盟のイギリス、オーストリアスウェーデンスイスデンマークノルウェーポルトガルの7か国で1960年5月3日結成された。政治統合を目標とせず、域内関税撤廃の一方、EECと異なり共通関税の設定を行わない形での連合体である[4]

1961年フィンランドが準加盟(1986年正式加盟)。1970年アイスランドが加盟。1973年、英国とデンマークが欧州共同体(EC)加盟に伴いEFTAから脱退。1986年、ポルトガルがEC加盟に伴いEFTAから脱退。1991年リヒテンシュタインが加盟。1995年、オーストリアとスウェーデンとフィンランドがEU加盟に伴いEFTA脱退。

本部はジュネーヴにあり、現在、アイスランド、ノルウェー、スイス、リヒテンシュタインの4か国が加盟している。

冷戦終結後、欧州連合(EU)との拡大統一市場を目指すため、EFTA諸国はEU諸国と共に、1994年欧州経済地域(EEA)を設立した(スイスを除く。スイスは1992年の国民投票でEEA協定批准を否決した[5])。EEAは、自由貿易地域であり、EUの域内市場と同様に、商品・サービス・人・資本の自由な移動が保障されている。ただし、EEAはEUの共通通商政策を含んでおらず、関税同盟ではない。

加盟国編集

現在4か国。いずれも欧州連合には加盟していない。

元加盟国編集

6ヶ国。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Láhkasánit - Saamelaiskäräjät”. Sámi Parliament of Finland. 2019年8月29日閲覧。
  2. ^ Chairmanship”. www.efta.int. EFTA (2020年7月). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ a b c Report for Selected Countries and Subjects”. imf.org. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  4. ^ 「ヨーロッパ自由貿易連合」日本大百科全書
  5. ^ 対EU関係、一歩が踏み出せないスイス - SWI swissinfo.ch”. 2017年9月19日閲覧。