欽慈太后(きんじたいごう、至和元年(1054年) - 元祐4年6月28日1089年8月7日))は、北宋神宗の妃嬪で徽宗の母。姓は陳氏

生涯編集

開封府祥符県の庶民であった陳守貴の娘として生まれた。最初、後宮に入って福康公主仁宗の長女)の侍女となった。神宗と即位後に関係して御侍となり、趙佶(後の徽宗)を産み、才人に進んだ。1085年に神宗が崩ずると、美人に進封され、園陵の奉仕にあたった。憂憤のうちに病となり、飲食を拒否して「早く先帝のもとに奉仕したい」と言った。元祐4年(1089年)6月、薨去した。紹聖3年(1096年)4月、貴儀(嬪)に追封された。徽宗の建中靖国元年(1101年)、皇太后に追尊された。

伝記資料編集

  • 宋史
  • 『宋会要輯稿』