メインメニューを開く

二代目 歌川芳宗(にだいめ うたがわ よしむね、文久3年2月5日1863年3月23日〉 - 昭和16年〈1941年〉)とは、明治時代の浮世絵師、挿絵画家。

目次

来歴編集

月岡芳年の門人、初代歌川芳宗の末子。本姓は新井、名は周次郎。一松斎、松斎と号す。明治8年(1875年)、月岡芳年の門人となり年雪と称す。明治10年には西南戦争錦絵を製作した。明治13年(1880年)に初代芳宗が死去すると、翌年11月1日に二代目芳宗を襲名。上野山王寺で行われたこの襲名会には芳年のほか、松本芳延落合芳幾らが参加している。明治15年(1882年)9月刊行の『絵入り自由新聞』に芳年とともに入社し[1]新聞雑誌挿絵などを多く描いた。『改進新聞』の明治19年(1886年)11月16日号において「ノルマントン号遭難」の挿絵を手がける。明治26年(1893年)から一時期、画博堂という店を営業しており、この店は後に同門の松井栄吉に譲った。増上寺内に住み、のち明治10年から15年のころに京橋区南金六町三番地に移り住んだ。享年79。

作品編集

  • 『人肉質入裁判』 ※シェークスピア原作、井上勤訳。明治15年刊行
  • 「鹿児島賊徒苦戦図」 大判錦絵3枚続 ※明治10年、年雪落款
  • 「市川右団次東京新富座江乗込之図」 大判錦絵3枚続 ※明治15年、年雪落款
  • 福島事件人物」 大判錦絵揃物 ※明治15年。「愛沢寧堅」、「沢田清之助」、「平島松尾」、「花香恭次郎」が知られる。
  • 「撰雪六々談」 大判錦絵24枚組 ※明治25年 - 明治26年、「時を待つ獣狩」、「佐野の夕暮」など。当初36枚の予定
  • 「芳宗随筆」 大々判錦絵揃物5枚組 ※「菊納め(浅草寺東門)」など。当初12枚完結の予定、芝公園にあった自宅「浮世絵堂」から版行

脚注編集

  1. ^ 野崎左文『増補私の見た明治文壇1』平凡社、2007年、80p。

参考文献編集