正始(せいし)は、三国時代の斉王曹芳の治世に行われた最初の元号。240年 - 249年。正始10年は4月に改元されて嘉平元年となった。

西暦・干支との対照表編集

正始 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
西暦 240年 241年 242年 243年 244年 245年 246年 247年 248年 249年
干支 庚申 辛酉 壬戌 癸亥 甲子 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳

他元号との対照表編集

正始 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
延熙3 延熙4 延熙5 延熙6 延熙7 延熙8 延熙9 延熙10 延熙11 延熙12
赤烏3 赤烏4 赤烏5 赤烏6 赤烏7 赤烏8 赤烏9 赤烏10 赤烏11 赤烏12

参考文献編集

  • 三国志』(中華書局 1974年)
  • 『中国歴代年号考』李崇智(中華書局 2004年)

関連項目編集


前の元号:
景初
中国の元号
次の元号:
嘉平