武平(ぶへい)は、南北朝時代北斉において、後主の治世に使用された元号。570年正月 - 576年12月。

578年、北斉の范陽王高紹義が、北斉滅亡後に突厥を頼って北辺に逃れ、営州の高保寧が北斉皇帝と奉じた際にも、武平の年号を使用している。『北斉書』や『北史』では「武平元年」と扱っているが、『廿二史考異』では後主の年号を沿用したと考証しており、武平8年を欠年とし、578年を「武平9年」と扱う。

西暦・干支との対照表編集

武平 元年 2年 3年 4年 5年 6年 7年
西暦 570年 571年 572年 573年 574年 575年 576年
干支 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳 甲午 乙未 丙申


武平 9年
西暦 578年
干支 戊戌


前の元号:
天統
中国の元号
北斉
次の元号:
隆化
魏晋南北朝元号

三国の元号
黄初  太和  青龍  景初  正始  嘉平  正元  甘露  景元  咸熙
蜀漢章武 
建興  延熙  景耀  炎興
黄武 
黄龍  嘉禾  赤烏  太元  神鳳  建興  五鳳  太平  永安  元興  甘露  宝鼎  建衡  鳳凰  天冊  天璽  天紀
の元号
西晋泰始 
咸寧  太康  太熙  永熙  永平  元康  永康  永寧  太安  永安  建武  永安  永興  光熙  永嘉  建興
東晋建武 
大興  永昌  太寧  咸和  咸康  建元  永和  升平  隆和  興寧  太和  咸安  寧康  太元  隆安  元興  隆安  大亨  元興  永始  天康  義熙  元熙
五胡十六国の元号
前趙元熙 
永鳳  河瑞  光興  嘉平  建元  麟嘉  漢昌  光初
成漢建初 
建興  晏平  玉衡  玉恒  漢興  太和  嘉寧
前涼建興 
和平  建興  升平
後趙太和 
建平  延熙  建武  太寧  青龍  永寧
冉魏永興
前燕元璽 
光寿  建熙
前秦皇始 
寿光  永興  甘露  建元  太安  太初  延初
後秦白雀 
建初  皇初  弘始  永和
後燕燕元 
建興  永康  建平  長楽  光始  建始
翟魏建光 
定鼎
西燕燕興 
更始  昌平  建明  建平  建武  中興
西秦建義 
太初  更始  永康  建弘  永弘
後涼太安 
麟嘉  龍飛  承康  咸寧  神鼎
南涼太初 
建和  弘昌  嘉平
南燕燕平 
建平  太上
西涼庚子 
建初  嘉興  永建
龍昇 
鳳翔  昌武  真興  承光  勝光
北燕正始 
太平  太興
北涼神璽 
天璽  永安  玄始  承玄  義和  承和
建国
南北朝の元号
永初 
景平  元嘉  孝建  大明  永光  景和  泰始  泰予  元徽  昇明
建元 
永明  隆昌  延興  建武  永泰  永元  中興

天監  普通  大通  中大通  大同  中大同  太清  大宝  天正  太始  承聖< 天成  紹泰  太平  天啓
後梁大定  天保  広運

永定  天嘉  天康  光大  太建  至徳  禎明
北魏登国 
皇始  天興  天賜  永興  神瑞  泰常  始光  神䴥  延和  太延  太平真君  正平  承平  興安  興光  太安  和平  天安  皇興  延興  承明  太和  景明  正始  永平  延昌  熙平  神亀  正光  孝昌  武泰  建義  永安  建明  普泰  中興  太昌  永興  永熙
東魏天平 
元象  興和  武定
西魏大統
北斉天保 
乾明  皇建  太寧  河清  天統  武平  隆化  徳昌  承光  武平
北周武成 
保定  天和  建徳  宣政  大成  大象  大定
柔然永康 
太平  太安  始平  建昌
中国の元号一覧:(漢・新 
魏晋南北朝時代高昌)    渤海  南詔  大理)  五代十国時代    西夏  )      )  民国  グレゴリオ暦中華人民共和国