メインメニューを開く

武田四天王(たけだしてんのう)は、甲斐国武田信玄勝頼期の重臣のうち、馬場信房(馬場信春、以下家臣の名は『甲陽軍鑑』等編纂物に見られるもので、括弧内は文書から確認される確実な実名)、内藤昌豊(昌秀)、山県昌景、高坂昌信(春日虎綱)を指す総称。別称に武田四名臣

いずれも信玄に登用され壮年・晩年期に活躍した主要家臣である。山県昌景、内藤昌豊は譜代家老家の次男以下で、馬場信房は身分の低い甲斐衆、春日虎綱は百姓身分であるなど、他国衆は含まれないが出自は多様である。信玄期の領国拡大に伴い、馬場信房は信濃(現・長野県牧之島城、内藤昌豊は上野国(現・群馬県箕輪城、山県昌景は駿河国(現・静岡県静岡市江尻城、高坂昌信は信濃(現・長野県)海津城のそれぞれ城代となり、城代領を支配した。

馬場信房、山県昌景、内藤昌豊の3人は天正3年の長篠の戦いにおいて討死しているが、高坂昌信は勝頼後期まで存命しており、近世初頭に成立した『甲陽軍鑑』は昌信の口述が原本になっているという。

また、武田信虎・信玄初期には板垣信方甘利虎泰飯富虎昌小山田昌辰(虎満)を指すという。なお、セガゲーム戦国大戦」においては、前者(馬場・内藤・山県・高坂)を武田四名臣、後者(板垣・甘利・飯富・小山田)を武田四天王と呼んで区別している。

関連項目編集