段智興(だんちこう)は、大理国の18代国王(後大理国の第4代)。

段智興
大理
18王
王朝 大理
在位期間 1171年 - 1200年
姓・諱 段智興
諡号 功極皇帝
廟号 宣宗
生年 不詳
没年 1200年
段正興
年号 利貞 : 1172年 - 1175年
盛徳 : 1176年 - 1180年
嘉会 : 1181年 - 1184年
元亨 : 1185年 - 1194年
安定 : 1195年 - 1200年

李観音が中国公高寿昌の宰相の位を奪い、その甥の高貞明を宰相とした。しかし阿機が起兵して高貞明の宰相位を奪い、再び高寿昌を宰相とした。高貞明は鶴慶で明国公を号して自立し、のちに義地威天聡明仁帝の偽諡を受けた。また高妙音が白崖で起兵して、鄯闡で自立した。

フィクション編集

先代:
正康帝
後大理
4代(18代):1171年 - 1200年
次代:
亨天帝