段正興(だんせいこう)は大理国の17代国王(後大理国としては第3代)。

段正興
大理
17王
王朝 大理
在位期間 1147年 - 1171年
姓・諱 段正興
諡号 正康皇帝
廟号 景宗
生年 不詳
没年 不詳
段正厳
年号 永貞 : 1148年
大宝 : 1149年 - 1155年
龍興 : 1156年 - 不詳
盛明 : 不詳 - 不詳
建徳 : 不詳 - 1171年?

宰相の高量成は甥の高寿貞に宰相の位を譲って楚雄城に隠棲した。高寿貞の死後、高寿昌が中国公に封ぜられた。1171年、段正興は子の段智興に譲位して出家した。

先代:
宣仁帝
後大理
3代(17代):1147年-1171年
次代:
功極帝