メインメニューを開く

毛利 高成(もうり たかなり、1603年慶長8年)- 1632年12月18日寛永9年11月7日))は、豊後佐伯藩の第2代藩主。

初代藩主・毛利高政の次男。母は正室木曾義昌の娘(武田信玄の孫)。正室は佐久間安政の三女。子は毛利高直(長男)、娘(川口宗重室)。官位は従五位下、摂津守。

佐伯出身。1628年11月、父の死去により家督を継ぐ。1632年5月、中川久盛と共に加藤忠広改易後の城番を務めたが、それが終わって帰途についてから発病し、同年11月7日に急死した。法号は松桂院。墓所は佐伯の養賢寺。跡を長男・高直が継いだ。