メインメニューを開く

毛利 高謙(もうり たかあき、1840年天保11年)5月 - 1876年明治9年)7月11日)は、豊後国佐伯藩の第12代(最後)の藩主。

第11代藩主毛利高泰の長男。正室は細川立則の娘。養子毛利高範細川行真の次男。官位は従五位下、伊勢守。幼名は岩之助。

安政元年(1855年)10月、将軍徳川家定にお目見えする。同年12月、従五位下伊勢守に叙任する。文久2年(1862年)12月9日、父が病を理由に隠居したため、その跡を継いだ。翌年から軍備の近代化、海防の強化などを行なった。高謙は外交に巧みな人物で、幕命を受けて江戸佃島などの守備を行なう一方、朝廷孝明天皇に対しても特産の和紙を献上して気脈を通じていた。慶応4年(1868年)、鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が敗れた後、新政府軍に恭順を誓った。明治元年(1868年)10月2日、豊国神社再建のために瓦を献上する。明治2年(1869年)の版籍奉還により知藩事となり、明治4年(1871年)の廃藩置県により免官となる。明治9年(1876年)7月11日、37歳で死去した。法号は温良院。