メインメニューを開く

民主正義人民戦線(みんしゅせいぎじんみんせんせん、ティグリニャ語: ህዝባዊ ግንባር ንደሞክራስን ፍትሕን, ህግደፍ: الجبهة الشعبية للديمقراطية والعدالة‎、: Fronte Popolare per la Democrazia e la Giustizia、略称:PFDJ)は、エリトリア政党である。旧称はエリトリア人民解放戦線

民主正義人民戦線
ህዝባዊ ግንባር ንደሞክራስን ፍትሕን
الجبهة الشعبية للديمقراطية والعدالة
Fronte Popolare per la Democrazia e la Giustizia
略称 PFDJ
議長 イサイアス・アフェウェルキ
書記長 アル・アミン・モハメド・サイド
代表者 Yemane Gebreab
創立 1994年
前身政党 エリトリア人民解放戦線
本部所在地 エリトリアマアカル地方アスマラ
機関誌 Shabait
青年部 YPFDJ
政治的思想 ナショナリズム[1]
包括政党[1]
左翼ナショナリズム[1]
世俗主義[2]
全体主義[3][4][5][6]
国民議会
75 / 150

党史編集

エチオピアからのエリトリア独立を目指し1958年に結成されたエリトリア解放戦線(ELF)から1970年代初頭に分離・結成したエリトリア人民解放戦線(EPLF)がエリトリアの独立後、武装組織から政党へと改組する過程で、1994年2月に現在の名称へと改称した。EPLF時代からのマルクス主義共産主義的政策を受け継いでおり、国内の他政党や反体制派、マスコミ弾圧して独立以来一貫して政権の座を保つなど、強固な一党独裁制を敷き、複数政党を容認するすべての政党を非合法化している[7]

独立してからは事実上、初代大統領イサイアス・アフェウェルキ元書記長による個人政党になっており、欧米を中心とする諸外国から民主化複数政党制の導入を迫られるなど、内外から批判されている。

歴代代表編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c O'Kane, David; Hepner, Tricia (2011), Biopolitics, Militarism, and Development: Eritrea in the Twenty-First Century, Berghahn Books, ISBN 9780857453990, https://books.google.com/books?id=x1pxdhO1RD0C&pg=PR20 2019年3月26日閲覧。 
  2. ^ Joireman, Sandra Fullerton (2003), Nationalism and Political Identity, Continuum, p. 133, ISBN 9780826465917, https://books.google.com/books?id=cFT4HYDUlh0C&pg=PA139 2019年3月26日閲覧。 
  3. ^ Kevin J. Kelley. Eritrea is a 'totalitarian' state, says UN. (英語) Daily Nation. (2015年6月8日) 2019年3月26日閲覧。
  4. ^ Asma Saad. Eritrea’s Silent Totalitarianism. (英語) McGill Journal of Political Studies. (2018年2月21日) 2019年3月26日閲覧。
  5. ^ World Report 2017 Eritrea. (英語)(ティグリニャ語) ヒューマン・ライツ・ウォッチ. 2019年3月26日閲覧。
  6. ^ Bartholomäus Grill. Eritrea A Visit to 'Africa's North Korea' (英語) SPIEGEL ONLINE. (2017年11月2日, 09:39) 2019年3月26日閲覧。
  7. ^ Atlaséco 1999「 atlas économique mondial, Maisonneuve & Larose」1999年(フランス語)、page 97

関連項目編集

外部リンク編集