水口憲人(みずぐち のりひと、1945年8月10日[1]- )は、日本の政治学者、立命館大学名誉教授。

人物編集

香川県生まれ。香川県立高松高等学校卒業、1968年京都大学法学部卒業、73年同大学院法学研究科博士課程中退、大阪市立大学法学部助手、74年助教授、86年教授、1992年龍谷大学法学部教授。1998年立命館大学政策科学部教授、2010年定年、名誉教授[2]。87年「現代都市の行政と政治」で京大法学博士

著書編集

  • 『現代都市の行政と政治』法律文化社 1985
  • 『「大きな政府」の時代と行政』法律文化社 1995
  • 『都市という主題 再定位に向けて』法律文化社 立命館大学法学部叢書 2007

共編著編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 水口憲人教授略歴