メインメニューを開く

水沢周(水澤周、みずさわ しゅう、1930年- )は、ノンフィクション作家、歴史家、作家。

東京生まれ。1954年早稲田大学文学部卒業。NHK勤務、国際文化振興会、日本読書新聞等を経てフリー編集兼ライター。[1]

目次

著書編集

  • 『石炭 昨日今日明日』築地書館 1980
  • 青木周蔵 明治外交の創造』日本エディタースクール出版部(全2巻) 1988-89
    • 『青木周蔵 日本をプロシャにしたかった男』中公文庫(全3巻) 1997
  • 『ゆーわけ、こわけ 死を歩む母、グループケアの記録』文藝春秋 1991
  • 『山小屋物語』講談社 1992
  • 『連句で遊ぼう』新曜社 1995
  • 『八千代の三年 昭和十九年秋から昭和二十二年秋へ』風媒社 2002

共編著編集

  • ルーヴル美術館』編 高階秀爾監修 日本アイ・ビー・エム c1978
  • 『あえてわれらドン・キホーテ』野坂昭如共著 築地書館 1985
  • 『気になる天気の話146』藤井幸雄共編著 講談社 1994

現代語訳編集

編集

  1. ^ 『米欧回覧実記』著者紹介