メインメニューを開く

水町 勇一郎(みずまち ゆういちろう、1967年11月15日 - )は、日本の法学者。専門は労働法東京大学教授佐賀県出身。

略歴編集

1999年よりパリ第10大学客員教授、2002年よりニューヨーク大学客員研究員も歴任している。

単著編集

  • 『パートタイム労働の法律政策』(有斐閣、1997年3月)
  • 『労働社会の変容と再生:フランス労働法制の歴史と理論』(有斐閣、2001年11月)
  • 『集団の再生:アメリカ労働法制の歴史と理論』(有斐閣、2005年11月)
  • 『労働法入門』(岩波書店(岩波新書)、2011年9月)
  • 『労働法 第6版』(有斐閣、2016年3月)