メインメニューを開く

永川 重幸(ながかわ しげゆき、明治34年(1901年1月11日 - 没年不明)は日本実業家政治家。元電気商事代表取締役[1]、米子機工専務取締役[1]。元米子市議会議員[1]

永川重幸
ながかわ しげゆき
生年月日 1901年1月11日
出身校 東京商工学校
前職 中国電力社員

当選回数 3回
テンプレートを表示

英文学者永川玲二の父。

経歴編集

大正9年(1920年東京商工学校電気科卒[2]中国電力(株)米子営業所長に就任[3]、昭和26年(1951年)退職[3]

米子市会議員当選三回[3]、米子市監査委員[3]家庭裁判所調停委員を歴任する[3]

人物像編集

家族編集

明治39年(1906年)生[3]~没
  • 子供
精一[3]
玲二[3]
祐三[3]

参考文献編集

  • 『新日本人物大観』(鳥取県版) 人事調査通信社 1958年 ナ…196-197頁

脚注編集

  1. ^ a b c 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 ナ…196頁
  2. ^ 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 ナ…196-197頁
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『新日本人物大観』(鳥取県版)1958年 ナ…197頁

外部リンク編集