永沢哲

永沢 哲(ながさわ てつ、1957年 - )は、日本宗教学者、京都文教大学准教授[1]

鹿児島県生まれ[1]東京大学法学部[1]修行ののち、京都文教大学助教授、2007年総合社会学部准教授。京都チベット医学研究会代表。[要出典]チベット密教、身体論などを研究[2][1]

目次

著書編集

単著編集

  • 『野生のブッダ』法藏館、1998
  • 『野生の哲学 野口晴哉の生命宇宙』青土社、2002 のちちくま文庫
  • 『瞑想する脳科学』2011 講談社選書メチエ

共著編集

  • 『禅・チベット・東洋医学』 藤田一照との共著、サンガ、2017年5月

翻訳編集

  • ナムカイ・ノルブ『虹と水晶 チベット密教の瞑想修行』法蔵館、1992
  • ナムカイ・ノルブ『ゾクチェンの教え チベットが伝承した覚醒の道』地湧社、1994
  • ダライ・ラマ十四世『宇宙のダルマ』角川書店、1996
  • トゥルク・トンドゥップ『心の治癒力 チベット仏教の叡智』地湧社、2000
  • ナムカイ・ノルブ『チベット密教の瞑想法』法藏館、2000
  • ナムカイ・ノルブ『夢の修行 チベット密教の叡智』法藏館、2000
  • ナムカイ・ノルブ『叡智の鏡 チベット密教・ゾクチェン入門』大法輪閣、2002
  • リチャード・カッツ『〈癒し〉のダンス 「変容した意識」のフィールドワーク』田野尻哲郎,稲葉大輔共訳 講談社、2012

脚注編集

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d 藤田一照・永沢哲 『禅・チベット・東洋医学』 サンガ、2017年5月、著者紹介。
  2. ^ 蓑輪顕量監修『別冊サンガジャパン 3』 サンガ、2016年12月、373頁。

関連項目編集