永遠に僕のもの』(えいえんにぼくのもの、El Ángel)は、ルイス・オルテガ英語版監督による2018年アルゼンチンスペイン伝記犯罪ドラマ映画[3][4]。出演はロレンソ・フェロスペイン語版セシリア・ロスなど。第71回カンヌ国際映画祭ある視点部門で上映された[5][6]。アルゼンチンの連続殺人犯のカルロス・ロブレド・プッチ英語版の実話を基にしている。第91回アカデミー賞外国語映画賞にスペイン代表作として出品されたが、ノミネートには至らなかった[7][8]

永遠に僕のもの
El Ángel
監督 ルイス・オルテガ英語版
脚本 セルヒオ・オルギン
ルイス・オルテガ
ロドルフォ・パラシオス
製作 アグスティン・アルモドバル英語版
ペドロ・アルモドバル
レティシア・クリスティ
パブロ・クレル
エステル・ガルシアスペイン語版
アクセル・クシェヴァツキースペイン語版
マティアス・モステイリン
セバスティアン・オルテガ英語版
ウーゴ・シグマン英語版
製作総指揮 ハビエル・ブライエ
ミカエラ・ブイェ
出演者 ロレンソ・フェロスペイン語版
セシリア・ロス
ルイス・ニェッコ英語版
メルセデス・モラーン英語版
ピーター・ランサーニ英語版
チノ・ダリン英語版
撮影 フリアン・アペステギア
編集 ギリェ・ガッティ
製作会社
配給
公開 フランスの旗 2018年5月11日 (CIFF)
アルゼンチンの旗 2018年8月9日
日本の旗 2019年8月16日
上映時間 118分
製作国
言語 スペイン語
興行収入 $5,600,000[1][2]
テンプレートを表示

ストーリー編集

1971年、ブエノスアイレスの豪邸から物語は始まる。

悪魔のように美しい17歳の少年、カルリートスは平凡な両親の心配をよそに住居侵入や窃盗を繰り返し、嘘を平然と吐く生活を送っていた。転校先でラモンという名の不良青年に魅了され執着するようになったカルリートスはラモンに取り入り、彼の父であり窃盗犯のホセと共に3人で強盗を繰り返すようになる。犯罪者としての才覚を無邪気に発揮するカルリートスによってホセたちは大金を手に入れるが、ホセはカルリートスの欲望が果てしないことを危険視し、ラモンに対して忠告する。ラモンとカルリートスはコンビを組んで強盗稼業に精を出すが、ある事件からふたりの関係に決定的な亀裂が走り、やがてカルリートスはラモンへの想いからある行動に出てしまうのだった。

キャスト編集

出典編集

  1. ^ El Angel”. Box Office Mojo. 2018年9月28日閲覧。
  2. ^ El Angel”. The Numbers. 2018年11月21日閲覧。
  3. ^ Cannes Film Review: ‘The Angel’”. Variety. 2018年8月26日閲覧。
  4. ^ Luis Ortega thriller 'The Angel' finds French home”. ScreenDaily. 2018年8月26日閲覧。
  5. ^ The 2018 Official Selection”. Cannes. 2018年4月12日閲覧。
  6. ^ Cannes Lineup Includes New Films From Spike Lee, Jean-Luc Godard”. Variety. 2018年4月12日閲覧。
  7. ^ Premios Oscar: El ángel representará a la Argentina”. La Nacion (2018年9月26日). 2018年9月26日閲覧。
  8. ^ Laing, Jamie (2018年9月26日). “Argentina Selects Luis Ortega's ‘El Angel’ for Foreign Language Oscar Submission”. Variety. 2018年9月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集