ある視点」(フランス語: Un Certain Regard)は、カンヌ国際映画祭の公式セレクションの一部門である。

目次

「ある視点」部門編集

1978年ジル・ジャコブが導入した。パルム・ドールを争うためのコンペティション部門とは別に、カンヌ国際映画祭期間中に並行して行われる。

あらゆる種類のヴィジョンやスタイルをもつ、「独自で特異な」作品群が提供される。世界各国から毎年20本ほどの作品が選出される。

「ある視点」賞フランス語: Prix Un Certain Regard、「ある視点」部門グランプリ)は、1998年、若き才能を認め、フランス国内での配給を支援する補助金を提供することで、革新的で大胆な作品群を奨励すべく導入された[1]。2005年より、グルパマ・ガン基金から30,000ユーロの融資により存立する賞となった[2]

「ある視点」部門からはグランプリの他に、審査員賞、希望賞、男優賞、女優賞などが選ばれることもある。黒沢清監督は2008年に『トウキョウソナタ』で審査員賞、2015年に『岸辺の旅』で監督賞を受賞 。翌年の2016年は深田晃司監督が『淵に立つ』で審査員賞を受賞した。

「ある視点」賞受賞作一覧編集

開催年 題名
原題
監督 製作国
1998年 Killer
Tueur à gages
ダルジャン・オミルバエフ   カザフスタン  フランス
1999年 ビューティフル・ピープル
Beautiful People
ジャスミン・ディズダーヌ   イギリス
2000年 彼女を見ればわかること
Things You Can Tell Just by Looking at Her
ロドリゴ・ガルシア   アメリカ合衆国
2001年 Boyhood Loves
Amour d'enfance
イヴ・コーモン   フランス
2002年 ブリスフリー・ユアーズ
Sud sanaeha
アピチャートポン・ウィーラセータクン   タイ
2003年 輝ける青春
La meglio gioventù
マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ   イタリア
2004年 母たちの村
Moolaade
センベーヌ・ウスマン   セネガル
2005年 ラザレスク氏の最期
Moartea domnului Lăzărescu
クリスティ・プイウ   ルーマニア
2006年 Luxury Car
江城夏日
ワン・チャオ   中国
2007年 カリフォルニア・ドリーミン
California Dreamin'
クリスティアン・ネメスク   ルーマニア
2008年 トルパン
Tulpan
セルゲイ・ドボルツェボイ   カザフスタン
2009年 籠の中の乙女
Kynodontas
ヨルゴス・ランティモス   ギリシャ
2010年 ハハハ
하 하 하
ホン・サンス   韓国
2011年 アリラン
아리랑
キム・ギドク   韓国
Stopped on Track
Halt auf freier Strecke
アンドレアス・ドレーゼン   ドイツ
2012年 父の秘密
Después de Lucía
ミシェル・フランコ   メキシコ
2013年 消えた画 クメール・ルージュの真実
L'image manquante
リティー・パニュ   カンボジア
2014年 ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲
Fehér Isten
コーネル・ムンドルッツォ   ハンガリー
2015年 ひつじ村の兄弟
Hrútar (Rams)
グリムール・ハコナーソン   アイスランド
2016年 オリ・マキの人生で最も幸せな日
Hymyilevä mies
ユホ・クオスマネン   フィンランド

日本からの出品作編集

参考文献編集

  1. ^ Un Certain Regard official pageの記述を参照。
  2. ^ 2008 Cannes Film Festival Groupama Gan Fondationの記述を参照。

関連事項編集

外部リンク編集