メインメニューを開く

江坂 彰(えさか あきら、1936年4月17日 - )は、日本の経済評論家。

経歴編集

京都府生まれ。本名・海老名彰一。1961年京都大学文学部卒。東急エージェンシー本社マーケティング局長、関西支社長などを経て、1984年独立。『冬の火花』でデビュー。サラリーマンたちの人生を見つめた著作を発表。

著書編集

  • 冬の火花 ある管理職の左遷録 文藝春秋 1983.10 のち文庫
  • 冬の時代の管理職 講談社 1984.12 のち文庫
  • 人材殺しの時代 「人事」が企業の命運を決める! 文藝春秋 1985.3 のち文庫
  • 人材格差の時代 PHP研究所 1986.4 のち文庫
  • エリート冬の時代 古い忠誠心から新しい忠誠心へ 講談社 1986.4
  • 企業は変わる人が変わる 文藝春秋 1986.11 のち文庫
  • サラリーマンこれからこうなる PHP研究所 1987.7 のち文庫
  • 戦略的経営の時代 文藝春秋 1987.9
  • 生き方革命の時代 講談社 1988.1
  • 自己啓発の技術! 日本実業出版社 1988.3
  • サラリーマン豊かさへの革命 PHP研究所 1988.3 のち文庫
  • 雇用革命 いま、会社で何が起きているか プレジデント社 1988.6
  • サラリーマン新宮仕え五輪書 徳間書店 1989.1
  • 経営を見る眼見抜く眼 文藝春秋 1990.6
  • 大企業病につけるクスリは 日本実業出版社 1990.10
  • 団塊サラリーマンの生き方 1993.2 (講談社文庫)
  • サラリーマン生き方の時代 PHP研究所 1993.9
  • ホワイトカラー「改革」私案 実業之日本社 1994.6
  • 歴史に学ぶ人間学 「逆風の時代」を生き抜く知恵とは PHP研究所 1994.7
  • 「課長」の復権 管理職無用論を排す 講談社 1995.2
  • サラリーマン氷河期 1995.12 (徳間文庫)
  • 良い上司・悪い上司 二十一世紀型リーダーの条件 PHP研究所 1995.12 のち文庫
  • 勝つ人事負ける人事 「日本型ホワイトカラー」に未来はあるか PHP研究所 1996.4 「サラリーマン、明日はこうなる」(PHP文庫)
  • 3年後。サラリーマンはこうなる 「給料」から「求められる社員像」まで、93テーマ全予測 PHP研究所 1997.1 「全予測2001年・サラリーマンはこう変わる」文庫
  • 中小企業よ胸を張れ! 日本経済の明日のために エー・ジー出版 1997.7
  • 「経営者格差」の時代 こんなトップは辞表を出せ! 文藝春秋 1997.10
  • 大選別時代。サラリーマンへの5つの忠告 PHP研究所 1998.4 「「能力主義」で成功する50のポイント」文庫
  • こんなにチャンスがある日本 大逆転7つの戦略 PHP研究所 1999.1
  • 三年後に笑う会社 正念場のラスト・チャンス 光文社 1999.3 (カッパ・ブックス)
  • 勝ち残れるビジネスマンはここが違う 徳間書店 2000.1
  • ここを勉強すれば、必ず「勝ち組」だ! 三笠書房 2000.8
  • サラリーマン・人生最大の選択 PHP研究所 2000.11
  • 絶対に負けない経営 いま最強の人事と組織 光文社 2001.5 (カッパ・ブックス)
  • 上司は「鬼」がよいか、「仏」がよいか ダイヤモンド社 2001.8 「「21世紀型上司」はこうなる」(PHP文庫)
  • 大失業時代。サラリーマンはこうなる 全予測「給料・雇用」「業界動向」から「ライフプラン」まで 2002.6 (PHP文庫)
  • 定年後に笑う人 生きがいよりも生き方だ PHP研究所 2003.2
  • 誰でもやり直せる復活の経営学 どん底から抜け出す経営新発想、新戦略! 光文社 2003.4
  • すでに始まっている未来 会社は、サラリーマンは変われるか NTT出版 2003.12
  • サラリーマン・こう考えれば勝ち残る! 「働き方」から「ライフプラン」まで、50のアドバイス 2004.9 (PHP文庫)
  • あと2年! サラリーマン、定年までにしておく15のこと PHP研究所 2005.11 「定年の迎え方」文庫
  • 『徒然草』的生き方 マイナスをプラスに転じる人生論 PHP研究所 2006.9 「わが座右の『徒然草』」文庫
  • 定年後。こう考えればラクになる 2006.10 (PHP文庫)
  • 超二流 サラリーマンへの応援歌 プレジデント社 2007.9
  • サラリーマンの神様 エイチアンドアイ 2009.12

共著編集

  • 雇用崩壊 大失業時代の「生き方」改造計画 諸井薫 徳間書店 1994.10
  • 「デフレ不況」は逆転発想で生き抜け 稲垣武 文芸春秋 1995.10
  • 信長秀吉家康 勝者の条件敗者の条件 津本陽 講談社 1996.6 のち文庫
  • 人活論 したたかな個人主義が会社を救う 野田正彰 徳間書店 1996.6
  • あなたがやらずに誰がやる! 上司の条件・人望の条件 堀田力 PHP研究所 1997.9 のち文庫
  • 3年後。給料はこうなる! 実力主義時代をどう勝ち抜くか 堀紘一 PHP研究所 1998.1
  • これから10年の選択 負けるな、めげるな、サラリーマン 加藤仁 徳間書店 1998.10
  • 「能力なき者は去れ」で、日本は本当に甦るか 大激論どうする!3600万サラリーマン ビル・トッテン 現代書林 2000.6
  • 撤退戦の研究 日本人は、なぜ同じ失敗を繰り返すのか 半藤一利 光文社 2000.6 (カッパ・ブックス) のち知恵の森文庫(副題を正題に)