メインメニューを開く

江夏 美好(えなつ みよし、1923年1月19日 - 1982年7月17日)は、日本の女性作家。

岐阜県吉城郡神岡町(現・飛騨市)生まれ。本名・中野美与志。高山高等女学校中退。『文芸首都』同人から、同人誌『東海文学』を主宰。1950年「南海鳥獣店」で新潮文学賞佳作入選、江夏美子の筆名を用い、1963年「脱走記」で直木賞候補、1964年「流離の記」で再度候補となる。1970年『下々の女』で田村俊子賞受賞。口腔がんを患い、闘病生活のなか、1982年7月17日に首を吊って自殺した。享年59。

著書編集

  • 脱走記-南奇兵隊始末 光風社、1963
  • 流離の記 冬樹社 1966
  • 下々の女 河出書房新社 1971 のち文庫
  • 檻の中の女 光風社書店 1971
  • 阿古女のうた 風媒社 1973
  • もがり笛 風媒社 1975
  • わたしの飛騨高山 風媒社 1980.12
  • 雪の碑 河出書房新社 1980.11
  • 針千本 私のがん闘病記 河出書房新社 1982.8 のち文庫