メインメニューを開く

江戸四宿(えどししゅく)、または単に四宿とは、江戸時代五街道の各々について江戸日本橋地図)に最も近い宿場町の総称で、五街道の起点である日本橋から2里(約8 km)以内のところにあった[1]。江戸と地方を結ぶ各街道の最初の宿場町であり、江戸の出入り口として重要な役割を担い[1]、人・物資・情報・文化の集散地として機能し、周辺地域と異なった街並みや風格をもっていた[2]

各々に岡場所と呼ばれる非公認の遊廓があり、飯盛女(めしもりおんな)という名目で遊女を置いていた。

目次

一覧編集

江戸四宿を題材とした作品編集

  • 四宿の屁(古典落語
  • 明治期から大正前期に活躍した落語家・初代柳家小せん(盲小せん)の演目には、品川や新宿の岡場所を舞台にしたものがあるが、現在では昔の遊郭を知っている人がほとんどいなくなったため、一部を除き演じられる機会は少なくなって来ている。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集