江戸通雅

室町時代後期から戦国時代の武将。常陸江戸氏5代。常陸国水戸城主。

江戸 通雅(えど みちまさ)は、室町時代後期から戦国時代にかけての武将常陸江戸氏5代当主。常陸国水戸城主。

 
江戸通雅
時代 室町時代 - 戦国時代
生誕 寛正4年(1463年[1]
死没 永正7年12月20日1511年1月19日[2]
改名 通俊[3](初名)→通雅
別名 藤五郎[3]
戒名 通義通徹[3][4]
官位 従五位下但馬[3]
主君 佐竹義舜
氏族 常陸江戸氏
父母 父:江戸通房または江戸通秀(修理亮)または江戸通長、母:稲本[3]
兄弟 (通房が父の場合)通秀、通長、通雅
鳥子通治鯉淵頼通小野崎通栄
枝川通弘春秋通式祐通大山義成[3]
(通秀が父の場合)通長、通雅
男子(円通寺僧)
(通長が父の場合)通雅通式[5]、獨放鈍聚和尚[5]佐竹義治[5]
松嶺[3](法名、小野崎朝通[3][4]
通則[4]通泰通廣[4]雅胤[4]
鹿島景幹[4][6]完戸政里[4]
テンプレートを表示

出自編集

常陸江戸氏は常陸の国人藤原北家魚名流とされる藤原秀郷の後裔・川野辺氏の支流である那珂氏の傍流。

略歴編集

寛正4年(1463年)、誕生。父は江戸通房または江戸通秀あるいは江戸通長ともされる。文明18年(1486年)、大山義成と共に徳宿城主・徳宿三郎を滅ぼした[7]

延徳2年(1490年)、山入の乱山入義藤に呼応し水戸城周辺から那珂川にかけての佐竹氏の所領を奪うも、明応元年(1492年)に義藤が死ぬと岩城氏の仲介で佐竹義舜と和睦、那珂川周辺の所領を義舜に返還した。翌明応3年(1494年)、父または兄である通長が没したため、家督を継いだ[8]

以後、佐竹義舜に従属して永正元年(1504年)、義舜と共に山入氏義を攻め滅ぼした。永正7年(1510年)12月2日、義舜から「一家同位」の家格を認められた[9][10]が、直後の12月20日に死去。享年49。

脚注編集

  1. ^ 永正7年(1511年)に49歳で死去していることから、生年は逆算して寛正4年(1463年)と思われる。
  2. ^ 大日本史料』第9編之2 948頁
  3. ^ a b c d e f g h 『常陸三家譜』
  4. ^ a b c d e f g 『常陸史料』
  5. ^ a b c 『江戸氏譜』
  6. ^ 『鹿島治乱記』
  7. ^ 『大日本史料』第8編之19 283頁
  8. ^ 『史料綜覧』第8編之909 12頁
  9. ^ 佐竹氏と全く同格(『水戸市史』)ともいうが、佐竹氏の動向から、佐竹一門等と同格に見なすものとされる(『茨城県史』中世編)
  10. ^ 『大日本史料』第9編之2 938頁

出典編集

  • 『常陸三家譜』
  • 『江戸氏譜』
  • 『常陸史料』
  • 『鹿島治乱記』