グローディア

池亀治から転送)

グローディア(GLODIA)は、かつて存在した日本ゲームソフト開発会社。

全体的な作品傾向として、ゲーム内におけるシナリオ・イベントに非常に力を注いだものが多い。マップパーツ[注釈 1]を圧縮することによって得た容量の許す限りに詰め込まれたシナリオと、当時としては破格に美麗なビジュアルシーンを取り入れたイベントは、プレイヤーに強い印象を残した。反面、戦闘システムにおいてオートAIを取り入れることが多く、戦術介入度はあまりない[要出典]

初期はRPG作品が多く、中でも『エメラルドドラゴン』は大ヒット作となった。後期になるとリアルタイムSRPGに傾倒していく[要出典]

作品編集

主なクリエイター編集

ブバオ編集

GLODIAのゲームには、たびたびブバオの名が使われている。

  • バーンウェルト - キャラクターデザイン担当のスタッフ「ブバオ」
  • ヴェインドリームII - 敵キャラ「シュリーカー」に見た目がそっくりで落ちてるものを何でも取り込むダンジョンの掃除屋「ブバオタケ」
  • ディファレントレルム - 「ブバオタケ」と同じ見た目の敵キャラ「エセブバオタケ」、導師「ブーバオン」
  • サバッシュII - 奥にスタッフルーム「かいしゃという名の洞窟」がある洞窟「ブバオという名の洞窟!?」
  • アルヴァリーク冒険記 - 最強のショットガン「SG00ブバオEX」

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ マップにおけるオブジェクト

外部リンク編集