池田 せん(いけだ せん、15??年 - 没年不明)は、戦国時代の日本の女性。安御院(あんぎょいん)とも。池田恒興の娘で池田輝政の姉。森長可森蘭丸の兄)に嫁ぎ、その後は中村一氏の妻となった。武道の訓練を受け、200人の女性銃士からなる部隊を指揮したとされる[1]。また『当代記』に1万石を領していたとの記載があるが、詳細は不明[2]

池田せん
Ikeda prince de Bizen.svg
個人情報
生誕 15??年
兵役経験
所属組織 Mon-Oda.png 織田氏
Goshichi no kiri inverted.svg 豊臣氏
Tokugawa family crest.svg 徳川氏
部隊 Japanese Crest Bizenn Chou.svg 池田氏

出典編集

  1. ^ 荒木祐臣『備前藩幕末維新史談』日本文敎出版、1978年(日本語)。
  2. ^ 史籍雑纂. 苐二 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. 2019年5月12日閲覧。

関連項目編集