メインメニューを開く

池田 清(いけだ きよし、1925年3月21日[1]- 2006年4月3日[2])は、日本海軍軍人政治学者。最終階級は海軍中尉東北大学名誉教授。専攻は政治外交史。息子に、国際政治学者池田明史がいる。

経歴編集

鹿児島県出身。1944年昭和19年)3月、海軍兵学校(73期)を卒業。重巡洋艦摩耶」乗組みとなり、砲術士としてレイテ沖海戦に参加。摩耶が撃沈された後、戦艦武蔵」に救助されるが、武蔵も撃沈され九死に一生を得る。その後海軍潜水学校普通科を経て「伊四七潜」砲術長兼通信長となり、回天「多聞隊」を乗せて出撃した。 戦後は公職追放を経て[3]、歴史学を志し、1952年(昭和27年)東京大学法学部政治学科を卒業。大阪市立大学教授、東北大学法学部教授。88年定年退官、名誉教授[4]青山学院大学国際政治学部教授、2000年定年退職[5]。左脚には負傷した際の小弾片が入ったままであった。

著書編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 池田清 - 東北大名誉教授 西洋政治史 鹿児島県 | 死去ネット” (日本語). sikyo.net. 2018年11月6日閲覧。
  3. ^ 総理庁官房監査課編 『公職追放に関する覚書該当者名簿』 日比谷政経会、1949年、25頁。NDLJP:1276156 
  4. ^ 池田清教授略歴・著作目録 (池田清教授退官記念号)法学(東北大学)1988-02
  5. ^ 「池田清 人と学問 (池田清教授退任記念号) 渡邊昭夫,池田清 青山国際政経論集 2000-09