至誠堂(しせいどう)とは明治時代に創業された日本出版社である。

概要編集

1895年(明治28年)に加島虎吉が日本橋人形町に貸本業を創業、取次や販売業とその手を広げ、1899年(明治32年)ころから出版業を始めている。木版口絵を付けた本は少なかったが、鏑木清方公文菊仙の作品が見られる。大正14年(1925年)5月7日、東京書籍業組合に幹事および評議員の辞任を表明、破産を宣告した。

なお、上記の社とは別に、戦後に出版活動を行ったと思われる、同名の出版社「株式会社・至誠堂」が2社ある。

  • 東京都文京区目白台(至誠堂選書・至誠堂新書などを刊行。また書店・株式会社至誠堂書店も同住所にある)
  • 東京都中央区日本橋本町(木製品・印刷出版・事務用品を扱う。)

出版物編集

脚注編集


参考文献編集