メインメニューを開く

池田 由貞(いけだ よしさだ、寛永11年(1634年) - 万治3年10月2日1660年11月4日))は、岡山藩家老天城池田家の嫡子。池田由成の長男。通称は主計正。

寛永11年(1634年)、岡山藩家老池田由成の子として、父の領地天城で生まれる。明暦3年(1657年)江戸に下向する。万治元年(1659年)12月、藩主光政の娘六姫と結婚する。万治3年(1660年)7月、主君光政から月代を剃り衣装、刀、脇差の帯などの身なりを改めるように叱られる。8月、江戸屋敷から逐電する。正室六姫は城に引き取られる。後に天城に隠れているのが見つかり切腹する。表向きは、病のため蟄居の後に死去と公表されている。万治3年(1660年)10月2日没。享年27。