メインメニューを開く

天城池田家(あまきいけだけ)は、江戸時代岡山藩池田氏の一族で備前天城の領主。

初代由之は、池田輝政の兄池田元助の嫡男で輝政に仕え、伯耆米子3万2000石を領した。2代由成が、藩主光政の岡山移封に伴い米子から備前に移り、寛永16年(1639年天城陣屋を構え代々領したため、天城池田家と呼ばれた。また、由成は赤穂事件で知られる大石良雄の外祖父にあたる。このため、元禄14年(1701年)の赤穂事件の際に4代由勝は大石良雄の縁戚(従兄弟)であることを理由に2000石を減じられ、以降禄高3万石となる。幕末期に幼少で家督を継いだ11代政和は、明治24年(1891年)に男爵に叙され華族となった。

歴代当主編集

  1. 池田由之(よしゆき)米子3万2,000石
  2. 池田由成(よしなり)天城3万2,000石
  3. 池田由孝(よしたか)
  4. 池田由勝(よしかつ)天城3万石
  5. 池田保教(やすのり)(岡山藩第3代藩主池田継政、本家に戻り藩主を相続)
  6. 池田政純(まさずみ)
  7. 池田政喬(まさたか)
  8. 池田政孝(まさたか)
  9. 池田政徳(まさのり)
  10. 池田政昭(まさあき)
  11. 池田政和(まさやす)
  12. 池田政佑(まさすけ)
  13. 池田政之(まさゆき)

系譜編集

太線は実子、細線は養子。
恒興
 ┣━━┳━━┳━━┓
元助 輝政 長吉 長政
 ┣━━┓
由之 元信
 ┣━━┳━━┳━━┓
由成 由英 忠義 之政
 ┣━━┳━━┓
由孝 由貞 熊子==大石良昭
 ┣━━┓    ┃
由勝 由道  大石良雄保教政純
 ┝━━┓
政喬 政辰
 ┣━━┓
政孝 長興政徳政昭政和政佑政之