池田 真紀子(いけだ まきこ、1966年[1]9月11日[2] - )は、日本の翻訳家

来歴編集

東京都生まれ[1]上智大学法学部国際関係法学科卒[1][3][4]。企業勤務を経て翻訳家となり[4]、英米のミステリーを中心に翻訳している。

1997年、アーヴィン・ウェルシュトレインスポッティング』(青山出版社)で第7回BABEL国際翻訳大賞新人賞を受賞。

翻訳編集

  • メルヴィン・モース、ポール・ペリー 『死にゆく者たちからのメッセージ』 同朋舎出版 1995
  • スティーブン・W・モッシャー 『チャイニーズ・マザー』 祥伝社 1995
  • スーザン・ドネルポカホンタス竹書房文庫 1995
  • ダーマッド・ジェフリーズ『FBI神話のベールを剥ぐ 特別捜査官と呼ばれた男たち』 同朋舎出版 1996
  • キョウコ・モリ 『シズコズ・ドーター』 青山出版社 1996 / 角川文庫 1999
  • J・W・アンダースン 『天使の奇跡 本当にあった37の出会い』 祥伝社 1996
  • アーヴィン・ウェルシュトレインスポッティング』 青山出版社 1996 / 角川文庫 1998 / ハヤカワ文庫 2015)
  • ヴィッキー・ヘンドリックス 『マイアミ・ピュリティ』 青山出版社 1996
  • キョウコ・モリ 『めぐみ』 青山出版社 1996 / 角川文庫 1995
  • アーヴィン・ウェルシュ 『エクスタシー』 青山出版社 1997 / 角川文庫 1999
  • ペネロピー・エヴァンズ 『最後の娘』 創元推理文庫 1997
  • キャロル・セイライン著、シャロン・J・ウォールムス写真 『シスターズ』 メディアファクトリー 1997
  • アイリス・ジョハンセン 『スワンの怒り』 二見文庫(ザ・ミステリ・コレクション) 1997
  • レベッカ・レイノルズ 『空の匂い、海の息吹』 翔泳社 1997
  • アイリス・ジョハンセン 『真夜中のあとで』 二見文庫(ザ・ミステリ・コレクション) 1997
  • アーヴィン・ウェルシュ 『アシッドハウス』 青山出版社 1998
  • パトリシア・マクドナルド 『危険な求愛 ケープクリスチャン殺人事件』 集英社文庫 1998
  • アイリス・ジョハンセン 『そしてあなたも死ぬ』 二見文庫(ザ・ミステリ・コレクション) 1998
  • キャロル・セイライン著、シャロン・J・ウォールムス写真 『母と娘』 メディアファクトリー 1998
  • アイリス・ジョハンセン 『失われた顔』 二見文庫(ザ・ミステリ・コレクション) 1999
  • トム・ヤングホーム 『天界の原理』 早川書房 1999
  • ジョー・ケイン 『瀕死の森、勇士の槍』 新潮文庫 1999
  • チャック・パラニューク 『ファイト・クラブ』 ハヤカワ文庫 1999 / 新版 2015
  • ジェフリー・ディーヴァーボーン・コレクター文藝春秋 1999 / 文春文庫 2003
  • ローラ・リーズ 『Mの日記』 早川書房 2000 / ハヤカワ・ミステリ文庫 2007
  • ジェフリー・ディーヴァー 『コフィン・ダンサー』 文藝春秋 2000 / 文春文庫 2004
  • ダン・ゴードン 『死んだふり』 新潮文庫 2000
  • メルヴィン・バージェス 『ダンデライオン』 東京創元社 2000
  • サミュエル・シェム、ジャネット・サリー 『もしも男に言葉があったら』 日本放送出版協会 2000
  • ジェフリー・ディーヴァー 『エンプティー・チェア』 文藝春秋 2001 / 文春文庫 2006
  • アイリス・ジョハンセン 『顔のない狩人』 二見文庫(ザ・ミステリ・コレクション) 2001
  • チャック・パラニューク 『サバイバー』 早川書房 2001 / ハヤカワ文庫 2005
  • パトリシア・カーロン英語版 『沈黙の代償』 扶桑社(扶桑社ミステリー) 2001
  • チャールズ・グラント 『ブラック・オーク 長編ホラー小説』 祥伝社文庫 2001
  • ローラ・リーズ 『Sの誘惑』 早川書房 2002
  • バリー・アイスラー 『雨の牙』 ソニー・マガジンズヴィレッジブックス)2002 / 『レイン・フォール/雨の牙』 ハヤカワ・ミステリ文庫 2009
  • ウォーリー・ラム 『この手のなかの真実』 DHC 2002
  • ローレン・ヘンダースン 『死美人』 新潮文庫 2002
  • スティーヴン・キング 『トム・ゴードンに恋した少女』 新潮社 2002 / 新潮文庫 2007
  • ジェフリー・ディーヴァー 『石の猿』 文藝春秋 2003 / 文春文庫 2007
  • チャック・パラニューク 『インヴィジブル・モンスターズ』 早川書房 2003
  • エドワード・バンカー 『エドワード・バンカー自伝』 ソニー・マガジンズ 2003
  • ジョン・ケース 『スペインの貴婦人』 ランダムハウス講談社 2003
  • ヒュー・ギャラガー 『ティース』 東京創元社 2003
  • アイリス・ジョハンセン 『爆風』 二見文庫(ザ・ミステリ・コレクション) 2003
  • レスリー・フォーブス 『ボンベイ・アイス』 角川書店 2003
  • アーヴィン・ウェルシュ 『トレインスポッティング ポルノ』 アーティストハウスパブリッシャーズ 2003 / 『T2トレインスポッティング』 ハヤカワ文庫 2017
  • バリー・アイスラー 『雨の影』 ソニー・マガジンズ(ヴィレッジブックス) 2004 『ハード・レイン/雨の影』 ハヤカワ・ミステリ文庫 2009
  • ジェフリー・ディーヴァー 『魔術師』 文藝春秋 2004 / 文春文庫 2008
  • デビー・フォード 『選択の瞬間 あなたを成功に導く10の質問』 ソフトバンクパブリッシング 2004
  • アイリス・ジョハンセン 『そしてさよならを告げよう』 ソニー・マガジンズ(ヴィレッジブックス) 2004
  • チャック・パラニューク 『チョーク!』 早川書房 2004
  • メリッサ・ヘルスターン 『エレガントな女性になる方法 オードリー・ヘップバーンの秘密』 集英社 2005
  • ヘレン・フィールディング 『オリヴィア・ジュールズ 彼女のたくましすぎる想像力』ソニー・マガジンズ 2005
    • 『オリヴィア・ジュールズの華麗なる冒険』 ヴィレッジブックス 2007
  • ジェフリー・ディーヴァー 『クリスマス・プレゼント』共訳 文春文庫 2005
  • アイリス・ジョハンセン 『その夜、彼女は獲物になった』 ソニー・マガジンズ(ヴィレッジブックス) 2005
  • マーク・サンボーン 『フレッドが教えてくれた仕事でいちばん大切なこと』 ソフトバンクパブリッシング 2005
  • フランク・コットレル・ボイス 『ミリオンズ』 新潮社 2005
  • シャロン・クラム 『名声のレシピ』 新潮文庫 2005
  • チャック・パラニューク 『ララバイ』 早川書房 2005
  • ジェフリー・ディーヴァー 『12番目のカード』 文藝春秋 2006 / 文春文庫 2009
  • バリー・アイスラー 『雨の罠』 ソニー・マガジンズ(ヴィレッジブックス) 2006
  • アーヴィン・ウェルシュ 『グルー』 アーティストハウスパブリッシャーズ 2006
  • ジョン・ケース 『殺人マジック』 ランダムハウス講談社 2006
  • ドン・リー 『出生地』 ハヤカワ・ミステリ文庫 2006
  • アイリス・ジョハンセン 『波間に眠る伝説』 ソニー・マガジンズ(ヴィレッジブックス) 2006
  • デヴィッド・マドセン 『フロイトの函 A box of dreams』 角川書店 2006
  • リズ・ジェンセン英語版 『ルイの九番目の命』 SB文庫 2006
  • タラ・ジャンセン 『あの夏の天使』 ランダムハウス講談社 2007
  • バリー・アイスラー『雨の掟』 ヴィレッジブックス 2007
  • ジェフリー・ディーヴァー 『ウォッチメイカー』 文藝春秋 2007 / 文春文庫 2010
  • アーサー・クラーク幼年期の終わり』 光文社古典新訳文庫 2007
  • デヴィッド・マドセン 『カニバリストの告白』 角川書店 2008
  • ジェフリー・ディーヴァー 『スリーピング・ドール』 文藝春秋 2008 / 文春文庫 2011
  • メアリー・ローチ 『セックスと科学のイケない関係』 日本放送出版協会 2008
  • ティボール・フィッシャー 『部屋の向こうまでの長い旅』 ヴィレッジブックス 2008
  • ドナルド・マッケイグ 『レット・バトラー 新編・風と共に去りぬ』全6冊 監訳 ゴマブックス(ゴマ文庫) 2008
  • スコット・フロスト 『警部補デリーロ』 集英社文庫 2009
  • マーシー・ウォルシュ、マイクル・マローン 『殺人倶楽部へようこそ』 文春文庫 2009
  • ジョシュ・バゼル 『死神を葬れ』 新潮文庫 2009
  • パトリシア・コーンウェル 『スカーペッタ』 講談社文庫 2009
  • ジェフリー・ディーヴァー 『ソウル・コレクター』 文藝春秋 2009 / 文春文庫 2012
  • アリシア・エリアン 『誰かがわたしを壊すまえに』 ヴィレッジブックス 2009
  • タラ・ジャンセン 『プロムの夜に恋をして』 ランダムハウス講談社 2009
  • ブルノニア・バリー 『レースリーダー』 ヴィレッジブックス 2009
  • パトリシア・コーンウェル 『核心 スカーペッタ』 講談社文庫 2010
  • ダシール・ハメット 『ガラスの鍵』 光文社古典新訳文庫 2010
  • ジェフリー・ディーヴァー 『ロードサイド・クロス』 文藝春秋 2010 / 文春文庫 2013
  • スティーヴン・ホール 『ロールシャッハの鮫』 角川書店 2010
  • ジェフリー・ディーヴァー『007白紙委任状』 文藝春秋 2011 / 文春文庫 2014
  • パトリック・ネス著、シヴォーン・ダウド英語版原案 『怪物はささやく』 あすなろ書房 2011 / 創元推理文庫 2017
  • クレイグ・マクドナルド 『パンチョ・ビリャの罠』 集英社文庫 2011
  • パトリシア・コーンウェル 『変死体』 講談社文庫 2011
  • メアリー・ローチ 『わたしを宇宙に連れてって 無重力生活への挑戦』 NHK出版 2011
  • パトリシア・コーンウェル 『血霧』 講談社文庫 2012
  • ダニエル・トラッソーニ 『天使の檻』 角川書店 2012
  • ジェフリー・ディーヴァー 『バーニング・ワイヤー』 文藝春秋 2012 / 文春文庫 2015
  • E・L・ジェイムズフィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』 早川書房 2012 / ハヤカワ文庫 2015
  • パトリシア・コーンウェル 『死層』 講談社文庫 2013
  • ジェフリー・ディーヴァー 『シャドウ・ストーカー』 文藝春秋 2013 / 文春文庫 2016
  • E・L・ジェイムズ 『フィフティ・シェイズ・ダーカー』 早川書房 2013 / ハヤカワ文庫 2015
  • E・L・ジェイムズ 『フィフティ・シェイズ・フリード』 早川書房 2013 / ハヤカワ文庫 2015
  • フィリップ・カーター 『骨の祭壇』 新潮文庫 2013
  • ジェフリー・ディーヴァー 『ポーカー・レッスン』 文春文庫 2013
  • ロバート・ガルブレイスカッコウの呼び声 私立探偵コーモラン・ストライク英語版』 講談社 2014
  • パトリシア・コーンウェル 『儀式』 講談社文庫 2014
  • アーネスト・クラインゲームウォーズ』 SB文庫 2014
  • ジェフリー・ディーヴァー 『ゴースト・スナイパー』 文藝春秋 2014 / 文春文庫 2017
  • ジェームズ・M・ケイン郵便配達は二度ベルを鳴らす』 光文社古典新訳文庫 2014
  • シャーロット・ローガン 『ライフボート』 集英社文庫 2014
  • E・L・ジェイムズ 『グレイ』 早川書房 2015 / ハヤカワ文庫 2017
  • ポーラ・ホーキンズ 『ガール・オン・ザ・トレイン』 講談社文庫 2015
  • ジェフリー・ディーヴァー 『スキン・コレクター』 文藝春秋 2015 / 文春文庫 2018
  • パトリシア・コーンウェル 『標的』 講談社文庫 2015
  • ロバート・ガルブレイス 『カイコの紡ぐ嘘 私立探偵コーモラン・ストライク英語版』 講談社 2015
  • パトリシア・コーンウェル 『狙撃』 講談社文庫 2015
  • パトリシア・コーンウェル 『邪悪』 講談社文庫 2016
  • アーヴィン・ウェルシュ 『トレインスポッティング0 スキャグボーイズ』 早川書房 2017
  • ジェフリー・ディーヴァー 『煽動者』 文藝春秋 2016 / 文春文庫 2019
  • ケイトリン・ドーティ 『煙が目にしみる──火葬場が教えてくれたこと』 国書刊行会 2016
  • シヴォーン・ダウド作、パム・スマイ絵 『十三番目の子』 小学館 2016
  • ジェフリー・ディーヴァー 『スティール・キス』 文藝春秋 2017
  • A・M・ディーン 『失われた図書館』 集英社文庫 2017
  • パトリシア・コーンウェル 『烙印』 講談社文庫 2018
  • ジェフリー・ディーヴァー 『ブラック・スクリーム』 文藝春秋 2018
  • A・J・フィン 『ウーマン・イン・ザ・ウィンドウ』 早川書房 2018
  • ニール・シャスタマン 『奪命者』 講談社文庫 2018
  • マヤ・ルンデ 『蜜蜂』 NHK出版 2018
  • ニナ・サドウスキー 『落ちた花嫁』 小学館 2018
  • アーネスト・クライン 『アルマダ』 ハヤカワ文庫 2018
  • エレン・ストッケン・ダール、ニナ・ブロックマン著 高橋幸子 医療監修『世界中の女子が読んだ! からだと性の教科書』
  • ジェフリー・ディーヴァー 『カッティング・エッジ』 文藝春秋 2019
  • カル・ニューポート 『デジタル・ミニマリスト──本当に大切なことに集中する』 早川書房 2019
  • ジョセフ・ノックス 『堕落刑事──マンチェスター市警エイダン・ウェイツ』 新潮文庫 2019
  • アリソン・ベルシャム 『刺青強奪人』 竹書房文庫 2019
  • ウェンディ・ウォーカー 『まだすべてを忘れたわけではない』 講談社文庫 2019
  • ケイトリン・ドーティ 『世界のすごいお葬式』 新潮社 2019
  • ミン・ジン・リー 『パチンコ』 文藝春秋 2020

脚注編集

  1. ^ a b c 池田真紀子”. 2020年5月14日閲覧。
  2. ^ 『文藝年鑑』2015
  3. ^ 池田真紀子”. 2020年5月14日閲覧。
  4. ^ a b 池田真紀子の「翻訳者の優雅な日常」”. 2020年5月14日閲覧。