メインメニューを開く

メディアファクトリー

カドカワ > KADOKAWA > メディアファクトリー

メディアファクトリーMEDIA FACTORY)は、日本出版社・株式会社KADOKAWAブランドの1つ。雑誌書籍の出版のほか、トレーディングカードゲームゲームソフトなどの製作も行っている。また映像ソフトのうち、アニメを製作委員会に参加する形で多数製作しているほか、近年は往年のアニメ・子供向け教育番組をパッケージソフト化することに力を注いでいる。

メディアファクトリー
Media Factory logo.svg
英文名称 MEDIA FACTORY
前身 株式会社メディアファクトリー
種類 KADOKAWAブランド
設立日 2013年10月1日
本社郵便番号 102-0071
本社所在地 東京都千代田区富士見2-13-12
外部リンク http://mediafactory.jp/
テンプレートを表示

本項では、当ブランドの前身となる株式会社メディアファクトリー及び同社が吸収合併されて発足したKADOKAWA・メディアファクトリーブランドカンパニーについても解説する。

目次

歴史編集

株式会社メディアファクトリー編集

1986年昭和61年)12月1日株式会社リクルートの書籍出版部門より株式会社リクルート出版として分離・独立。1991年平成3年)4月1日株式会社メディアファクトリーMEDIA FACTORY,INC.)に社名変更。

1997年(平成9年)、リクルートのエンターティンメント領域グループ企業再編に伴い株式会社ミュージックマイン(旧社)を吸収合併[1]

1998年(平成10年)、パイオニアLDC(現NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン)と合弁でレコードレーベル「factoryorumok」を立ち上げたが、後に提携を解消している。

1999年(平成11年)8月、YOSHIKIと共同出資で株式会社エクスタシー・ジャパンを設立[2]

1999年(平成11年)12月、流通部門を株式会社クロス・エンタテインメント・ディストリビューションに分社化。2002年10月株式会社クロス・エンタテインメント・ディストリビューションと合併[3]

2001年(平成13年)7月、ミュージックマイン事業部を株式会社セブンティ・ドラムスに譲渡。同時に株式会社セブンティ・ドラムス(株式譲渡完了後、株式会社ミュージックマインに商号変更)と株式会社ミュージックマイン・アイディーの株式を株式会社アーティストハウスに譲渡。

2011年(平成23年)、角川グループホールディングス(現在のKADOKAWA)が株式会社リクルートより80億円で買収し、11月15日付で完全子会社化した[4][5][6]。それに伴い、登記上の本店住所を、東京都中央区銀座8丁目4番17号にあるリクルート所有のビルから渋谷のNBF渋谷イーストへ移転。

元代表取締役社長の芳原世幸はリクルート時代にカーセンサーの創刊編集長、エイビーロードゼクシィの編集長を務めていた。

株式会社KADOKAWA メディアファクトリー編集

2013年(平成25年)10月1日、KADOKAWAに吸収合併され、ブランドカンパニーとなった[7]。また、2015年3月には事業所を渋谷からKADOKAWAグループの本拠地である富士見に移している[8]

映像事業およびキャラクターグッズ事業において、前者の場合は主にメディアファクトリーブランドとしてKADOKAWAが製作に関わったアニメ作品の映像ソフト(BD/DVD)の発売・販売を「KADOKAWA メディアファクトリー」名義で行っている。ただし、旧メディアファクトリーおよび現在のメディアファクトリーブランドのKADOKAWA作品のインターネット配信のうち、特にブランド別ソートを採用しているバンダイチャンネルにおける提供元の名義は、他のブランドカンパニー(角川書店アスキー・メディアワークスエンターブレインなど)が関わった作品のようにドコモ・アニメストアに一本化されておらず、メディアファクトリーのまま通している[9]。後者もKADOKAWAの子会社であるキャラアニと一部重複・競合する事業内容ではあるものの、同様に継続している。

また、製品のCMの最後に挿入されるサウンドロゴも、旧メディアファクトリー時代の物が継続して使われていたが、2014年作品からは新KADOKAWA時代の物を使用している。

この頃は怪談誌の編集が角川書店ブランドカンパニー(当時)に変更されたり、メディアファクトリー新書が角川新書に吸収されている。

2015年4月にブランドカンパニー制が廃止。メディアファクトリーはブランドとして辛うじて残る。

これ以降、更にKADOKAWA色が強まる。メディアファクトリーが販売する映像ソフトや所属アーティストのCMでは画面上部にMFのロゴが表示されていたが、2016年1月に鈴木このみがリリースした『Beat your Heart』を最後に消滅。以後はKADOKAWAのロゴが表示されている。また、株式会社メディアファクトリー時代から製作・配布してきたアニメのパンフレット『メディファクマガジン(MEDIA FACTORY MAGAZINE)』も2016年を以って終了している。

YouTubeチャンネル「メディアファクトリーTV」も「KADOKAWAanime」へ統合されつつあり、2017年10月を最後にチャンネルの更新が一旦停止していたが、2018年2月に再開している[注 1]

主な雑誌・書籍編集

休廃刊・移行した雑誌・書籍編集

コンピュータゲーム編集

トレーディングカード編集

音楽レーベル編集

現在はKADOKAWAレーベルに統一されており、MEDIA FACTORYレーベルの音楽ソフトは発売されていない[11]

  • KADOKAWA(品番はZMCZ、旧MEDIA FACTORY)

廃止された音楽レーベル編集

  • ピカチュウレコード(初期品番はTG、1999年以降の品番はZMCP)
  • サブライムレコーズ(品番はMKCS) - ミュージックマイン事業部のレーベル。販売受託先は日本クラウン。
  • ZK Records(品番はMKCZ) - ミュージックマイン事業部のレーベル。販売受託先は日本クラウン。
  • Less Than TV(品番はMKCZ) - ミュージックマイン事業部のレーベル。販売受託先は日本クラウン。
  • Mary Joy Recordings(品番はMKCM) - ミュージックマイン事業部のレーベル。販売受託先は日本クラウン。
  • Comma(品番はMKCC) - ミュージックマイン事業部のレーベル。販売受託先は日本クラウン。
  • FABTONE RECORDS(品番はFABC) - ロック・レーベル。レーベル担当の寿福知之がKADOKAWA退社後、株式会社FABTONE【ファブトーン】を設立し、レーベル共に独立[12]
  • GOONTRAX(品番はGTXC) - 現在は株式会社FABTONEのヒップホップレーベル。
  • RADTONE MUSIC(品番はRADC) - 現在は株式会社FABTONEのパンクレーベル。
  • CLUSTER SOUNDS(品番はCSMC) - 現在は株式会社FABTONEのレーベル。ダンスミュージック(EDM・エレクトロテクノハウス)のレーベル。
  • Mono Creation(品番はMCCK) - CASIOとの音楽分野での協業により設立されたレーベル[13]。現在の販売受託先は株式会社FABTONE。
  • XTAL Records(品番はXTAC)
  • OHANA MUSIC JAPAN(品番はOMJP) - ハワイアンミュージックのレーベル。
  • Urban Linx Records(品番はULRC)
  • PANGEA CREATION(品番はPNGP)

販売受託レーベル編集

過去に販売を受託していたレーベル編集

  • 5pb.Records(2008年以降の品番はFVCG) - 2017年自社販売に移行。現在はカドカワグループ株式会社MAGES.のレーベル。
  • B.A.D RECORDS UNITED - 受託先を株式会社スペースエイジに変更。
  • LOVE×TRAX(品番はLXCH)

所属アーティスト編集

過去に所属していたアーティスト編集

アニメ編集

2018年現在もパッケージソフトでMEDIA FACTORYのロゴが使用されている(発売元がフロンティアワークス、ショウゲートなどの受託商品は除く)。

あ行

か行

さ行

た行

な行

は行

ま〜わ行

映画・ドラマ編集

ネットラジオ編集

公式サイト内でネットラジオが配信されている。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 2018年2月は「新妹魔王の契約者 DEPARTURES」の映像ソフト販売CMが公開されているが、同作品は角川書店ブランドの販売となっている。
  2. ^ 8巻以降はオーバーラップ文庫より刊行
  3. ^ 2016年2月の創刊時よりメディアファクトリーの表記・ロゴは一切掲載されていないが、カドカワストアではメディアファクトリーのタグが入っていることが確認できる。

出典編集

  1. ^ 株式会社ミュージックマイン会社沿革”. 株式会社ミュージックマイン. 2018年9月12日閲覧。
  2. ^ YOSHIKI、音楽レーベルを主催”. アスキー. 2018年9月14日閲覧。
  3. ^ メディアファクトリー、販売子会社を吸収合併”. インプレス. 2018年9月12日閲覧。
  4. ^ 【重要】株主の異動に関するお知らせ”. メディアファクトリー (2011年10月12日). 2011年10月12日閲覧。
  5. ^ 角川、メディアファクトリーを80億円で買収=リクルートから全株取得”. 時事ドットコム (2011年10月12日). 2011年10月12日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 株式会社メディアファクトリーの株式の取得(子会社化)完了のお知らせ”. 角川グループホールディングス (2011年11月15日). 2011年11月15日閲覧。
  7. ^ 【東証開示】連結子会社の吸収合併並びに商号及び定款の一部変更に関するお知らせ (PDF)”. 角川グループホールディングス (2013年3月28日). 2013年11月11日閲覧。
  8. ^ オフィス移転のお知らせ (PDF)”. 株式会社KADOKAWA メディアファクトリーブランドカンパニー (2015年3月5日). 2015年3月31日閲覧。
  9. ^ niconico(ニコニコアニメチャンネル)への配信作品も、2013年秋放送開始の作品までは同様だったが、同年末よりメディアファクトリーやドコモ・アニメストアも含めてほぼ全作品の提供が運営元のニワンゴに譲渡された。
  10. ^ 『人生ゲーム』や『桃太郎電鉄』の人気にあやかり、いわゆる「二匹目のドジョウ」を狙ったボードゲーム作品。プレイヤーはサイコロを振って双六を進んでいき、食材を手に入れシェフに調理してもらうという内容だが、サイコロの出目やバトルなどがCPUにとって異常に有利に働く仕様なので難易度は非常に高く、このことからゲームとしての評価は低い。
    株式会社QBQ編 『プレイステーションクソゲー番付』マイウェイ出版発行、2018年。ISBN 9784865118346 p48
  11. ^ メディアファクトリーの品番を使用している為、一部ネット通販ではメディアファクトリー表記で販売されている
  12. ^ 寿福知之〈GOON TRAX〉×DJ BAKU〈KAIKOO〉──伝説のフェスティバル「KAIKOO」復活の狼煙!”. オトトイ株式会社. 2018年9月11日閲覧。
  13. ^ KADOKAWA×カシオの協業レーベル第一弾アーティストがデビュー!リリース記念イベント×ファッションショーをバンタンと開催”. PR TIMES. 2018年9月14日閲覧。

外部リンク編集