池田軌明

江戸時代中期の備中鴨方藩の世嗣。池田軌隆の三男

池田 軌明(いけだ のりあきら)は、江戸時代中期の備中国鴨方藩の世嗣。通称は多宮。

 
池田軌明
時代 江戸時代中期
生誕 不明
死没 不明
改名 安之丞(幼名)、軌明
別名 多宮(通称
備中鴨方藩世嗣
氏族 池田氏(軌隆流)
父母 池田軌隆
池田政倚
兄弟 政晴輝言軌明、智子
テンプレートを表示

略歴編集

池田軌隆岡山藩主・池田綱政の九男)の三男として誕生した。幼名は安之丞。

享保10年(1725年)、廃嫡された兄・輝言に代わって鴨方藩世嗣となり、享保12年(1727年)に徳川吉宗に拝謁する。しかし、兄同様に病のため、元文2年(1737年)に廃嫡された。

代わって、一族の大身旗本家から政方が養子に迎えられた。