メインメニューを開く

決壊』(けっかい)は、平野啓一郎による長篇小説。雑誌『新潮』に、2006年11月号から2008年4月号まで連載され、新潮社から上下2冊で単行本(ISBN 978-4-10-426007-2ISBN 978-4-10-426008-9)となった。インターネット時代を背景にした殺人と赦しを描き、現在の社会への鋭い問いかけとなっている。

あらすじ編集

山口県宇部市に住む沢野良介は、妻と子どもと3人で平和な家庭を築いていた。兄の崇は東京で国立国会図書館に勤務する、エリート官僚の卵であった。ところが良介は、ネット上の自分の日記で、兄へのコンプレックスを表明し、家族への不信感をあらわにしていた。それをたまたま妻は発見し、崇に相談する。すると良介の日記に、『666』なる人物からの書き込みが現れる。

大阪に出張することになった良介は妻に、崇と現地で落ち合うといって家を出る。崇は国会図書館の関西館の開設のため、関西に出張していたのである。崇と会った後、良介は行方不明になり、その後、バラバラにされた良介の遺体が発見される。崇に容疑がかかるが、意外なところから真犯人が判明する。

遺された家族や、崇のその後の生き方を描き、作品は今のネット時代の悪意を描いていく。

登場人物編集

  • 沢野良介
  • 沢野良太
  • 沢野佳枝
  • 沢野和子
  • 沢野治夫
  • 沢野房江
  • 沢野崇
  • 羽田千津
  • 小曽根美菜
  • 壬生実見
  • 本田照子
  • 本田邦夫
  • 本田象一
  • 室田秀則
  • 沙希
  • 北崎友哉
  • 北崎志保子
  • 北崎英二
  • 尾田
  • 木下
  • 広畑純也
  • 久賀安由美
  • AI
  • 666
  • 悪魔
  • ボケ役のやせた男・ツッコミ役の小太りの男(知性派として売っているお笑いコンビ)
  • 岸辺
  • 須田