メインメニューを開く

沖縄県道50号線

日本の沖縄県の道路

沖縄県道50号線(おきなわけんどう50ごうせん)は沖縄県那覇市首里山川町と首里真和志町とを結ぶ一般県道

一般県道
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
沖縄県道50号標識
沖縄県道50号線
路線延長 0.888 km
起点 那覇市首里山川町
終点 那覇市首里真和志町
接続する
主な道路
記法
記事参照
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

松川(東)交差点から首里城前交差点に至る路線。観光地である首里城へアクセスする主要地方道であるが、道路延長は888mと短い。通称「寒川通り」とよばれる街路の一部を構成し、首里城前交差点から西側の区間が本路線に指定されている。

路線データ編集

歴史編集

  • 1955年(昭和30年)に琉球政府道50号線として指定。1972年(昭和47年)の本土復帰とともに県道50号線となった。
  • 琉球王朝時代から、首里城へ向かう重要な交通路だった。国宝に指定された首里城正殿は沖縄戦で破壊され、戦後は同跡地に琉球大学が開学され、1979年(昭和54年)に西原町千原・中城村南上原一帯に移転されるまで、学生たちの生活道路だった。

路線状況編集

現在は首里城公園へ向かう観光道路だが、道路状況はそれほどよくない。

路線バス編集

沖縄バス8番・首里城下町線が起点部 - 観音堂入口までのわずかな区間を通っている。

地理編集

通過する自治体編集

  • 那覇市

交差する道路編集

  • 沖縄県道29号那覇北中城線(起点)
  • 沖縄県道49号線(終点)

沿線編集

関連項目編集

外部リンク編集