メインメニューを開く

沖縄県道49号線

日本の沖縄県の道路

沖縄県道49号線(おきなわけんどう49ごうせん)は沖縄県那覇市首里池端町と首里当蔵町とを結ぶ一般県道である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
沖縄県道49号標識
沖縄県道49号線
起点 那覇市首里池端町
終点 那覇市首里当蔵町
接続する
主な道路
記法
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
沖縄県道29号標識
沖縄県道29号
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
沖縄県道50号標識
沖縄県道50号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
沖縄県道236号標識
沖縄県道236号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

路線データ編集

  • 起点:那覇市首里池端町(沖縄県道29号那覇北中城線
  • 終点:那覇市首里当蔵町(沖縄県道29号那覇北中城線)
  • 総延長:694 m(実延長も同じ)

歴史編集

  • 琉球王朝時代から、首里城へ向かう重要な交通路だった。国宝にまで指定された首里城正殿は沖縄戦で破壊された。
  • 1950年(昭和25年)に首里城跡に琉球大学が開学した。それにちなんで1953年(昭和28年)に琉球政府道琉球大学線として指定(1965年(昭和40年)に政府道49号線となる)。
  • 1958年(昭和33年)に守礼門復元され、首里城正殿が復元するまでの30年余り、沖縄のシンボルだった。
  • 1972年(昭和47年)の本土復帰と同時に県道49号線となる。1979年(昭和54年)に琉球大学の移転後は、首里城復元工事が本格化する。
  • 1992年(平成4年)に首里城復元するまでは普通に通行できたが、復元後は守礼門 - 終点の区間が終点向けに一方通行となり、地下駐車場が整備すると県道50号交点から守礼門までの区間は車両の通行が規制された。

通過する自治体編集

  • 那覇市

交差・重複路線編集

沿線施設編集

かつてあった施設編集

路線バス編集

沖縄バス8番・首里城下町線が首里城公園入口(起点部) - 守礼門入口(県道50号交点)のわずかな区間を通っている。1990年代には当時の那覇交通(現那覇バス)市内線の空港首里城線が同じ区間を通っていた。

関連項目編集

外部リンク編集