メインメニューを開く

沢 峰次(さわ みねつぐ、1945年4月12日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) ・美浦トレーニングセンター南に所属していた元調教師。元騎手でもある。出生地と出身地はともに青森県息子調教助手沢昭典。戸籍上での表記はである。

来歴編集

1963年東京競馬場松山吉三郎厩舎所属の騎手候補生となる。

1964年、騎手免許を取得し、同厩舎より騎手デビューする。

1977年、騎手を引退する。騎手成績は中央競馬通算1020戦127勝。騎手引退後も引き続き松山吉三郎厩舎に所属し、調教助手に転身した。

1978年、美浦トレーニングセンター開設にともない美浦所属となる。

1984年、調教師免許を取得する。

1985年、厩舎を開業。3月に管理馬を初出走させ、その20日後にのべ3頭目で管理馬が初勝利を挙げた。

2008年1月13日に中央競馬通算200勝を達成。

2009年2月12日に定年まで7年を残し2月28日付で調教師を63歳で勇退することが発表された。

調教師としての記録編集

中央競馬編集

日付 競馬場・開催・レース 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1985年3月10日 第2回中山6日目8レース ダイナガーデン 3着
初勝利 1985年3月30日 第3回中山3日目12レース ダイナガーデン 1着
重賞初勝利 1986年4月13日 第3回中山8日目10レース 皐月賞 GI ダイナコスモス 21頭 5 1着
GI初勝利

地方競馬編集

日付 競馬場・レース 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初出走 1999年12月14日 浦和10レース マルチホース特別 - ネイタルスター 12頭 2 2着
初勝利 未勝利

おもな騎乗馬編集

重賞競走優勝馬(騎乗時)

主な管理馬編集

厩舎スタッフ編集

  • 沢昭典(調教助手、騎手時代より所属)

人物・エピソード編集

関連項目編集