メインメニューを開く

河合 隆裕(かわい たかひろ、1945年 - )は、日本数学者京都大学数理解析研究所名誉教授愛知県出身。専門は代数解析学偏微分方程式数理物理学。師は小松彦三郎佐藤幹夫

佐藤幹夫柏原正樹とともに代数解析学の基礎を築き上げ、超局所解析学極大過剰決定系の理論を構築した。 一連の代数解析学の仕事を終えた後は、佐藤、柏原とは違いより解析的なものに研究の対象を移し、超局所解析学を完全最急降下法や特異摂動法に応用し代数解析学のひとつの主要な方法として確立するのに貢献した。 現在は高階Painlevé方程式ストークス幾何学も研究している。

略歴編集

日本語著作編集

単著編集

  • 河合隆裕『特異摂動論』京都大学、1996年。
  • 河合隆裕『Exact WKB解析と超局所解析』京都大学、1999年。
  • 河合隆裕『完全WKB法に拠る微分方程式の構造解析』京都大学、2007年2月。
  • 河合隆裕『仮想的変わり点を中心とする高階微分方程式の完全WKB解析』京都大学、2008年3月。

共著編集

  • 河合隆裕、柏原正樹木村達雄『代数解析学の基礎』紀伊国屋書店〈紀伊国屋数学叢書 18〉、1980年4月。ISBN 978-4-314-00293-6
  • 河合隆裕『特異摂動の代数解析学』青本和彦ほか編、竹井義次、岩波書店〈岩波講座現代数学の展開 2〉、1998年9月。ISBN 4-00-010651-1
  • 佐藤幹夫ほか著『佐藤幹夫の数学』木村達雄編、日本評論社、2007年8月。ISBN 978-4-535-78514-4

関連項目編集

外部リンク編集