メインメニューを開く

河塚 篤史(かわつか あつし、1976年10月5日[1] - )は、日本男性ドラマー北海道小樽市生まれ。身長165cm、体重52kg、血液型O型

河塚 篤史
生誕 (1976-10-05) 1976年10月5日(42歳)
日本の旗 日本 北海道小樽市
出身地 日本の旗 日本 大阪府
ジャンル ヘヴィメタル
ハードロック
職業 ドラマー
担当楽器 ドラムス
活動期間 1999年 -
共同作業者 プレジャー
陰陽座
Concerto Moon
公式サイト http://bollocks.co.jp/kawatsuka/

目次

経歴編集

大阪府で育つ。ヴィジュアル系バンド「PLÈ,SÚRE(プレジャー)」のドラマーとして活動後、数バンドのサポートドラマーを務める。陰陽座の結成以後、それまで同様にサポートとして参加。その後、1999年11月27日のライブ中に瞬火から正式加入のオファーを受け、その場でメンバーとなる。以降、斗羅(とら)名義で活動。

陰陽座の活動と並行して、2003年には瞬火と共に梶山章率いるゴールドブリックへ参加。また2006年には、自身も大ファンであり、過去には陰陽座として五人一首とのセッションでコピーを行った経験もある筋肉少女帯の活動再開ライブに、サポートドラマーとして参加している。

2009年3月10日、陰陽座及び所属事務所から脱退し、本名名義での活動を発表。陰陽座にはサポートドラマーとして、引き続きレコーディングやツアーに参加していた。しかし、2011年の陰陽座ライブツアー『春爛漫に式の舞う也』には、出演することとなっていたが直前にキャンセル[2]。以降、陰陽座の活動には関与していない。

2011年5月三浦俊一戸田宏武内田雄一郎らと共にポストロックバンドNESSを結成。

2013年、大阪のアイドルユニット“ポンバシwktkメイツ”の東名阪tourに参加。

2015年4月1日Concerto Moonに加入[3]

影響編集

演奏スタイル編集

  • ライブ中は常に笑顔で、ドラムを演奏しながらもよく歌を口ずさんでいる。陰陽座の「がいながてや」などのいわゆるお祭りソングでは、椅子から立ち上がってプレイするパフォーマンスをする。

出典・脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 河塚 篤史/Atsushi Kawatsuka- Drums|CONCERTO MOON Official Site”. Concerto Moon Official Site. 2015年4月15日閲覧。
  2. ^ ツアー自体は東日本大震災の影響により全公演中止となった。
  3. ^ CONCERTO MOONより 重要なお知らせ|CONCERTO MOON Official Site”. Concerto Moon Official Site (2015年4月1日). 2015年4月15日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集