油川 信貞(あぶらかわ のぶさだ)は、戦国時代武士勝山合戦にて戦死。同姓同名に、弟・源左衛門の子孫の武田信貞(油川信貞、または仁科信貞とも)がいる。

 
油川信貞
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 永正5年10月4日1508年10月27日
別名 通称:油川弥九郎
主君 油川信恵
氏族 油川氏
父母 油川信恵
兄弟 信貞油川信守源左衛門信友油川顕重
テンプレートを表示

概要編集

甲斐国守護武田信昌の孫で、油川信恵の子。本姓源氏家系清和源氏の一家系である河内源氏の傍系甲斐源氏の嫡流武田氏一門の油川氏

永正5年(1508年)10月4日、父・信恵と共に勝山合戦で討たれる。

脚註編集

[脚注の使い方]

出典編集

参考文献編集

寛政重修諸家譜