油川 信友(あぶらかわ のぶとも)は、戦国時代武士天文19年(1550年)に信濃海野原で戦死。通称:油川源左衛門尉。

 
油川信友
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文19年(1550年
別名 油川源左衛門
官位 加賀守
主君 武田信虎武田信玄
氏族 油川氏
父母 父:油川信恵
母:武田信縄
兄弟 油川信貞油川信守信友油川顕重
不明
油川信吉油川夫人
テンプレートを表示

概要編集

甲斐国守護武田信昌の孫で、永正5年(1508年)に勝山合戦で滅亡した油川信恵の子。本姓源氏家系清和源氏の一家系である河内源氏の傍系甲斐源氏嫡流武田氏一門油川氏

永正11年(1514年)、父油川信恵の菩提を弔うため、油川山泉龍寺を建立した。

武田信虎武田信玄に仕えたが、天文19年(1550年)に信濃海野原(砥石崩れ)で戦死。子の油川信吉(彦三郎)は永禄4年(1561年)の第四次川中島の戦いで戦死している。

孫の油川信次(四郎左衛門)は長篠の戦い1575年)に戦死。油川信次の子、武田信貞(または仁科信貞)が天正壬午の乱を経て甲斐を領した徳川家康に仕官。この子孫は江戸時代を通じて続いた。

その他編集

甲斐国志にて、油川信友が武田信玄の室油川夫人の父親とされる。

脚註編集

[脚注の使い方]

出典編集

参考文献編集

寛政重修諸家譜