泉公衡(いずみ きみひら、生没年不詳)は平安時代末期の武士泉快衡の子。名を公平ともいう。

概要編集

泉氏信濃国小県郡小泉荘(一条大納言領)を由来とし、伊奈氏の一族とされる。『尊卑分脈』では清和源氏満快流源為公の末裔にあたり、片桐氏と祖を同一とする。

源平合戦(治承・寿永の乱)では同族・井上氏らと共に源氏方として戦い、鎌倉幕府御家人となる。しかし、幕府執権北条氏によって牛耳られると、公衡以下生粋の源氏武士たちは反感を抱いた。これを受けて、建暦3年(1213年)公衡の子・親衡は幕府に反旗を翻すが露見し逐電する(泉親衡の乱)。また、同年の和田合戦では同じく子の公信が討ち死にしている。

系譜編集

  • 父:泉快衡
  • 母:小山経隆(横山党)の娘
  • 室:不詳
    • 男子:泉親衡
    • 男子:泉俊衡
    • 男子:泉頼衡
    • 男子:泉公信

出典編集