メインメニューを開く

泉谷 直木(いずみや なおき、1948年8月9日 - )は日本実業家アサヒグループホールディングス代表取締役社長兼最高経営責任者を経て、同社代表取締役会長、日本経団連審議員会副議長。現在、取締役会長兼取締役会議長。

人物・経歴編集

京都府出身。京都市立紫野高等学校を経て[1]、1972年京都産業大学法学部法律学科卒業、アサヒビール入社、博多工場配属。労働組合役員などを経て、1986年新設の広報企画課長。1996年新設の経営企画部長[2]。2000年執行役員グループ経営戦略本部長。2001年執行役員首都圏本部副本部長兼東京支社長。2003年取締役。2004年常務取締役。2006年常務取締役兼常務執行役員酒類本部長。2009年専務取締役兼専務執行役員。2010年代表取締役社長。2014年代表取締役社長兼CEO。2016年代表取締役会長兼CEO。2018年代表取締役会長[3]。この間、2016年から日本経団連審議員会副議長[4]も務める。2019年3月、代表権の無い取締役会長兼取締役会議長に就任。

出典・脚注編集

  1. ^ 「同級生交歓 > 京都市立紫野高校」文藝春秋
  2. ^ 「アサヒグループHD会長 泉谷直木の仕事の美学」商業界オンライン
  3. ^ 「会社概要」アサヒグループホールディングス
  4. ^ 経団連、審議員会副議長に箔一の浅野会長ら6人を内定日刊工業新聞
先代:
荻田伍
アサヒグループホールディングス社長
2010年 - 2016年
次代:
小路明善
先代:
荻田伍
アサヒグループホールディングスCEO
2014年 - 2018年
次代:
小路明善