泉谷 閑示(いずみや かんじ、1962年 - )は、日本医学者精神科医。専門は精神療法音楽家評論家でもある[1]

泉谷 閑示
(いずみや かんじ)
生誕 泉谷 閑示
(いずみや かんじ)
1962年(57 - 58歳)
日本の旗 日本秋田県十文字町
居住 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
国籍 日本の旗 日本
研究分野 精神医学
精神療法
研究機関 東北大学医学部
東京医科歯科大学医学部
フランスの旗 エコールノルマル音楽院
出身校 東北大学医学部医学科
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

来歴編集

1962年秋田県生まれ。旧十文字町(現横手市)出身。東北大学医学部卒業。精神科医。大学時代に音楽理論や作曲法の個人教授を受ける。東京医科歯科大学医学部附属病院、財団法人神経研究所附属晴和病院等に勤務したのち渡仏、パリエコールノルマル音楽院に留学。同時に、パリ日本人学校教育相談員を務めた。帰国後、新宿サザンスクエアクリニック院長等を経て、現在、精神療法を専門とする泉谷クリニック(東京・広尾)院長。また、舞台演出や作曲家としての活動も行っており、「横手市民歌」等の作品がある 。東京工科大学兼任講師[1][2][3]

著書編集

  • 『「普通がいい」という病』講談社現代新書、2006年。ISBN 9784061498624
  • 『「私」を生きるための言葉—日本語と個人主義』研究社、2009年。ISBN 9784327378158
  • 『こころをひらく対話術—精神療法のプロが明かした気持ちを通わせる30の秘訣』SBクリエイティブ、2010年。ISBN 9784797355895
  • 『クスリに頼らなくても「うつ」は治る—新しい自分になる30の視点』ダイヤモンド社、2010年。ISBN 9784478011706
  • 『反教育論—猿の思考から超猿の思考へ』講談社現代新書、2013年。ISBN 9784062881951
  • 『仕事なんか生きがいにするな 生きる意味を再び考える』幻冬舎新書、2017

作曲編集

  • 新十文字中学校校歌(作詞・作曲)
  • 新横手市民歌(作曲)

出典編集

  1. ^ a b 泉谷 閑示『反教育論—猿の思考から超猿の思考へ』講談社、2013年。ISBN 9784062881951
  2. ^ 講談社 現代ビジネス - 『反教育論──猿の思考から超猿の思考へ』著者・泉谷閑示インタビュー”. 2014年12月10日閲覧。
  3. ^ 研究社 - 私の語学スタイル第8回 “自分”を表現する力 著者紹介”. 2014年12月10日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集