メインメニューを開く

法仁入道親王

南北朝時代の法親王
法仁法親王から転送)

法仁入道親王(ほうにんにゅうどうしんのう、正中2年(1325年) - 文和元年/正平7年10月25日1352年12月2日))は、南北朝時代入道親王。父は後醍醐天皇。母は権大納言三位局道子(二条為道の娘)。同母弟に懐良親王がいる。俗名は躬良。

法仁入道親王

続柄 後醍醐天皇皇子
全名 躬良
身位 二品・親王
出生 正中2年(1325年
死去 文和元年/正平7年10月25日1352年12月2日)(享年28)
父親 後醍醐天皇
母親 二条為道
役職 六勝寺検校
テンプレートを表示

1334年建武元年)親王宣下を受け、1338年暦応元年/延元3年)仁和寺大聖院で出家し、法守法親王から灌頂を受けた。翌1339年(暦応2年/延元4年)二品に叙せられ、六勝寺検校に就任した。

参考文献編集