メインメニューを開く

森 茂暁(もり しげあき、1949年9月9日 - )は、日本の歴史学者福岡大学教授 [1]。専門は中世日本の政治と文化。文学博士(1985年、九州大学にて取得)。

森 茂暁
人物情報
生誕 (1949-09-09) 1949年9月9日(70歳)
日本の旗 日本 長崎県
国籍 日本の旗 日本
出身校 九州大学文学部史学科卒業
同大学院文学研究科博士課程中退
学問
研究分野 歴史
中世日本の政治と文化
研究機関 九州大学
文部省
京都産業大学
山口大学
福岡大学
博士課程
指導教員
川添昭二
学位 文学博士
主要な作品 『建武政権 後醍醐天皇の時代』(教育社歴史新書、1980年)
影響を
受けた人物
佐藤進一
テンプレートを表示

経歴・人物編集

長崎県出身。長崎県立島原高等学校を卒業。1972年九州大学文学部史学科を卒業。1975年同大学院文学研究科博士課程を中退、1979年まで九州大学助手。1980年文部省教科書検定課勤務、1984年同省教科書調査官を経て、1985年京都産業大学教養部助教授に就任。同年、九州大学にて「南北朝期公武関係史の研究」で文学博士。1991年山口大学教養部助教授、のち同大学人文学部教授となる。1997年に福岡大学人文学部教授[2][3]

業績編集

南北朝時代が専門であるが、室町時代にも関心が深い。恩師の一人に九州大学名誉教授である川添昭二を有す。その建武政権の制度史に関する研究業績は、戦後の実証的分析の到達点といえる[4]。ただし、建武政権に対する歴史観は、原則として佐藤進一中央大学名誉教授)を踏襲している[4]

著書編集

論文編集

脚注編集

参考文献編集

  • 亀田俊和 「【建武政権の評価】2 「建武の新政」は、反動的なのか、進歩的なのか?」、日本史史料研究会; 呉座勇一編 『南朝研究の最前線 : ここまでわかった「建武政権」から後南朝まで』 洋泉社〈歴史新書y〉、2016年、43–63頁。ISBN 978-4800310071