メインメニューを開く

法務死(ほうむし)とは刑死者や収監中死亡者の死因を指す用語。専ら第二次世界大戦後の東京裁判を始めとした戦犯裁判による日本人刑死者に対して用いられ、他の用例は見られない。

関連編集

同様の用法をされる語に「殉難死」がある。