メインメニューを開く

法蔵(ほうぞう、貞観17年12月2日644年1月17日) - 先天元年11月24日712年12月26日))は、中国華厳宗の第三祖とされる僧。長安の出身。俗姓は康。先祖は康居の人でいた。賢首大師香象大師などの呼び名がある[1]

法蔵
643年 - 712年
Kōzō Daishi (Todaiji).jpg
生地 長安
宗派 華厳宗
智儼
弟子 文超慧苑
著作 『華厳経探玄記』『華厳五教章』

康徳啓の子として生まれた。智儼(ちごん)に華厳経を学び、咸亨元年(670年)勅命を受けて出家した。則天武后の庇護を受けて華厳教学を宣揚し、華厳教学の実質的な大成者となった。また、実叉難陀の華厳経80巻の訳出や義浄の訳経などに関与した。弟子には文超慧苑などがいる。

著書編集

  • 華厳経探玄記
  • 華厳五教章
  • 華厳経伝記

など

脚注編集

参考文献編集


師:
智儼
華厳宗 弟子:
文超慧苑