吉津 宜英(よしづ よしひで、1943年12月17日 - 2014年1月5日)は、仏教学者、博士。駒澤大学教授。専門は華厳学、東アジア仏教思想。

来歴編集

広島県府中市出身。曹洞宗松林寺に生まれる。広島県立府中高等学校、1966年駒澤大学卒業。1971年同大学院博士課程満期退学、同大学助手。講師、助教授を経て、1984年仏教学部教授となる[1]。1985年、米国ヴァージニア大学宗教学部で1年間の在外研究。

1980年「阿毘達磨倶舎論索引」(平川彰らの共同研究)で日本学士院賞受賞[2]。1992年「華厳一乗思想の研究」で博士(仏教学、駒澤大学)。2001年駒澤大学仏教経済研究所所長。2014年1月5日事故により死去[3]

受賞編集

著書編集

  • 『華厳禅の思想史的研究』大東出版社 学術叢書・禅仏教 1985
  • 『「縁」の社会学 仏教の論とこころー縁』東京美術選書 1987
  • 『華厳一乗思想の研究』大東出版社 1991
  • 『<やさしさ>の仏教』春秋社 1998
  • 修証義による仏教入門』大蔵出版 1999
  • 般若心経 中道と祈り』曹洞宗宗務庁 2004
  • 法蔵 「一即一切」という法界縁起』佼成出版社 構築された仏教思想 2010
  • 大乗起信論新釈』大蔵出版 2014[5]

論文編集

出典編集

  1. ^ 研究者情報~researchmap.jp
  2. ^ 日本人名大辞典
  3. ^ 略歴及び業績 (石井修道敎授退任記念 吉津宜英敎授追悼號)『駒沢大学仏教学部論集』2014.10
  4. ^ 1980年 日本印度学仏教学会賞~日本印度学仏教学会
  5. ^ 『大乗起信論新釈』著者紹介~紀伊國屋書店