吉津 宜英(よしづ よしひで、1943年12月17日 - 2014年1月5日)は、日本仏教学者曹洞宗僧侶。専門は華厳東アジア仏教思想[1]学位は、博士 (仏教学)駒澤大学乙種)。駒澤大学教授。駒澤大学仏教経済研究所所長広島県府中市出身。

Yoshizu, Yoshihide
吉津 宜英
生誕 吉津 宜英
1943年12月17日
広島県府中市
死没 2014年1月5日
研究分野 華厳,東アジア仏教思想
研究機関 駒澤大学
出身校 駒澤大学
博士課程
指導教員
宮本正尊
他の指導教員 鎌田茂雄
博士課程
指導学生
吉田叡禮
岡本一平 (仏教学者)
主な業績 『華厳一乗思想の研究』
影響を
受けた人物
平井俊榮
主な受賞歴 日本学士院賞(共同、1980年)
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

経歴編集

1943年、広島県府中市の曹洞宗松林寺に生まれる。広島県立府中高等学校卒業後、駒澤大学仏教学部に進学。1966年に卒業。同級生の石井修道(同大教授)・袴谷憲昭(同大教授)と共に三羽烏と称された。同大学院進学、鎌田茂雄宮本正尊の両師に師事[2]1971年に同大学院博士課程満期退学。1980年に『阿毘達磨倶舎論索引』(平川彰らとの共同研究)で日本学士院賞受賞[3]日本印度学仏教学会賞も受賞。1992年に『華厳一乗思想の研究』で博士 (仏教学)

職歴編集

1971年に同大助手に就任。講師助教授を経て、1984年に教授となる[4]。1985年にアメリカヴァージニア大学宗教学部にて1年間在外研究。

2001年に駒澤大学仏教経済研究所所長に就任。2014年1月5日、事故により遷化[5]

受賞編集

著書編集

博士論文編集

単著編集

著作集編集

  • 『吉津宜英著作集 第1巻 -浄影寺慧遠の思想史的研究-』(『吉津宜英著作集』編集委員会編、臨川書店、2018年)

論文編集

出典編集

  1. ^ 『大乗起信論新釈』著者紹介~紀伊國屋書店
  2. ^ 石井公成「吉津宜英先生の学問」(『駒沢大学仏教学部論集』45号、2014年)
  3. ^ 日本人名大辞典
  4. ^ 研究者情報~researchmap.jp
  5. ^ 略歴及び業績 (石井修道敎授退任記念 吉津宜英敎授追悼號)『駒沢大学仏教学部論集』2014.10
  6. ^ 1980年 日本印度学仏教学会賞~日本印度学仏教学会