メインメニューを開く

法進(ほうしん・ほっしん、はっしん。景龍3年(709年)- 宝亀9年9月29日778年10月23日))は、奈良時代から渡来した。出身は唐申州。

揚州白塔寺に住し、鑑真に師事して戒律・天台教学を学び、鑑真に従って754年天平勝宝6年)苦難を乗り越えて日本へ渡ってきた。鑑真が東大寺に戒壇院を創立する際には彼を助けた。律師・少僧都・大僧都を歴任し、763年天平宝字7年)には戒壇院の初代戒和上に就任している。これに関して沙弥十戒並威儀経を著している。教学上の知識が豊富で、律・天台の講演に尽力した。

参考文献編集

  • 島地大等「東大寺僧法進の経学について」(『哲学雑誌』443号)
  • 硲慈弘「東大寺僧法進の梵網経注釈について」(『密教研究』18-20)
  • 木本好信「仲麻呂政権と法進」(『藤原仲麻呂政権の基礎的考察』、高科書店)