メインメニューを開く

沛郡

泗水郡から転送)

沛郡(はい-ぐん)は、中国にかつて存在した郡。現在の安徽省の北部、河南省の東境部、江蘇省の北西端、山東省南西の一部にまたがる。

中国地名の変遷
建置 漢代
使用状況 北周に廃止
泗水郡
前漢沛郡
吾符郡
後漢沛国
三国沛郡
西晋沛郡
東晋十六国沛郡
南北朝沛郡

歴史編集

漢書』によればが設けた泗水郡が前身である[1]淮河沂水濰水泗水が流れたことから四川郡と命名されたものが誤記されたものとする説も存在している[2]。秦代の郡治は相県に設置され、現在の江蘇省南部徐州市周辺から河南省南東部及び安徽省淮北市宿州市などを管轄していた。

沛県出身の劉邦漢朝を建てると泗水郡は沛郡と改称され、旧泗水郡の彭城(現在の徐州市)及びその付近には楚国が設置された。所轄は37県。相県、竜亢県竹県穀陽県蕭県向県銍県広戚県下蔡県豊県鄲県譙県蘄県虹県輒与県山桑県公丘県符離県敬丘県夏丘県洨県沛県芒県建成県城父県建平県酇県栗県扶陽県高県高柴県漂陽県平阿県東郷県臨都県義成県祁郷県である。前漢末に40万9079戸、203万480人があった[3]

の時代に吾符郡(ごふぐん)と改称されたが、後漢で戻された[1]

後漢になると沛郡は沛国と改められ、旧沛郡南西部は汝南郡に移管された。

三国時代になると沛国譙県出身の曹操魏朝を建国、沛郡の大部分を新設した譙郡の管轄とし、沛郡はわずか9県の管轄とその規模は大幅に縮小している。

南北朝末期北周により沛郡は彭城郡に編入され、沛郡の行政区画名称は消滅した。

注釈編集

  1. ^ a b 班固漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、311頁。
  2. ^ 辛徳勇『秦始皇三十六郡新考』北京大学中国古代史研究中心
  3. ^ 班固『漢書』地理志第八上。小竹武夫訳『漢書』3(ちくま学芸文庫、筑摩書房、1998年)、311-314頁。